運命の分かれ道

娘作 バラタナゴ
娘作 バラタナゴ

梅雨っぽい日が続くかと思いきや、一転して夏日のような陽気です。

 

ほどよく風もあって、外はきもちがいいですね。

 

半そで当たり前、エアコンの設定もドライに変わりました。

 

夏に向かっている感じがします。

 

 

 

とはいえ、相変わらずマスク着用の世の中です。

 

ワクチン接種の予約ができたと喜んで話してくださる方がいる一方、一時的に体調を崩して接種を見送ったり、持病が原因で主治医から待ったがかかった方もいます。

 

何かあったときに嫌だな、と思う方は、接種するかどうか決める前に、副反応やワクチンそのもののについてよく調べてみるといいですね。

 

 

 

お医者さんで内海先生という方がいらっしゃいますが、新型コロナワクチンの話を中心に書いた書籍をまもなく出版されるそうです。

 

まだ発売前ですが、重版が決定したようです。

 

気になる方は一度読んでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

InDeepというブログでは海外の論文などをもとに検証していますし、伊比裕一郎さんというミュージシャンの方も、コロナに限らず食事や考え方などをわかりやすく検証して動画に上げたりブログを書いたりされています。

 

調べれば根拠も明らかにしながら検証している方はいらっしゃいますが、デマや陰謀論だと決めつけてしまうと、それ以上その人たちの話を見聞きしようとしなくなりがちです。

 

それが本当にデマなのか、自分がまともに生きていくうえで役に立たないものなのか、それは自分で一度見て聞いて判断しないと、そのデマということを言った人が幼かったり間違っていた場合、その人たちのせいにしても後の祭りですし、自分がやったことは自分にかえってきます。

 

完璧な人間などいません。

 

間違えることや思い違いなんてあって当たり前です。

 

信頼を置いているあの人が話しているとしても、すべてが正しいわけでも、すべてが共感できるわけでも、すべてが納得いくことばかりでもないはずです。

 

なんでもかんでもひとくくりにするのも粗っぽいやりかたですし、目に付いたところだけでもいいですから、わからなくてもわからないなりに、わかるところがあればまずはそこから、自分で考えてみるといいと思います。

 

やりなれないことや苦手だとおもっていることを先送りにしたり遠ざけたがることがあると思いますが、自分の生活や体の健康に関して大事なことであれば、少しずつでもいいので時間をかけて、そういった情報にならしていくやり方でもいいでしょう。

 

 

 

自分の運命を自分で作っていくとき、何を選ぶかによってその先の運命が大きく違ってくることもあります。

 

大事なことでなければ時間も労力もかける必要はないと思いますが、自分が何を大事にしたいのか、なにかあってから困るものはなんなのか、それは自分で決めるものです。

 

誰かが教えてくれると思い込んでいる人は、多数の人がやっていること、会社から言われたこと、国や自治体の方針、ということに盲目的に従ってしまいがちではないでしょうか。

 

探せば多種多様な情報が溢れています。

 

ワクチン接種は、もしかしたらとても大きな運命の分かれ道かもしれません。

 

思い込みで見ていないか確認しつつ、ご自身で調べ、自分なりの判断で決断をされていくといいでしょう。

 

「こんな人生になるはずではなかった」という後悔は、大事な選択の場面で気づかずスルーしたり、適当に決めてしまうことで起こるのではないでしょうか。

 

たとえその時に未熟であっても、未熟なりに真剣に考えて決めれば、あとで後悔し続けることは減ります。

 

うまくいけば、よかったね、です。

 

どう転んでもいいように、できるときにできることをやっておけば、あとで後悔しづらくなります。

 

ワクチンに限らず考えてみてください。

 

 

 

 

 

今週は土曜日お休みいたします。

 

 

 

今月もあと少しですね。

 

来週から6月で、あと一か月もすれば今年も半分経過ということになっていきます。

 

都市部の緊急事態宣言が来月後半まで延長される見込みのようですが、それ以降の夏場でもコロナに振り回される社会情勢が続くようだと、その先は風邪がはやる乾燥して寒くなる秋冬ですから、年内まだまだ落ち着かないでしょうね。

 

ストレスがたまりがちだと思う方は、体を動かしたり、自然の多いところに出かけたり、折に触れてできる範囲で体の余計な負担を緩和することをしておくことです。

 

長丁場のストレスから、病気になったり体調を崩しやすくなる方も出て来やしないかと心配しています。

 

 

 

 

ご紹介でいらしてくださる方も増えてきました。

 

最近では鍼も使いながら施術をすることが増えました。

 

余談ですが、便秘と腰痛の訴えに対してお腹を施術した後、くびれができたと喜んでくださった方がいます。

 

意図したことではなく、そういうこともあると昔はおもっていたものの、最近はすっかり忘れていて、そういう効果があることを改めて気づかされました。

 

施術の幅がひろがっています。

 

ご来院ご希望の方は、メールかお電話でお問い合わせください。

 

 

 

 

写真は、娘がお兄ちゃんに教えてもらいながら描いた「バラタナゴ」です。

 

 

 

また地震が起きやすくなっているようです。

 

念のため、ご注意ください。