ワクチンを打った体

娘作「藍」
娘作「藍」

今日、知り合いでワクチンを打った方の体を診せていただきました。

 

打ったあと、よく聞く話通りで発熱と腕のだるさがあったものの、数日経った状態では特に違和感もないようでした。

 

体を観察してみると、数日経っているものの、それに対しての反応と思われるものがあり、もしそうであるならば、穏やかな見た目とは裏腹に負担になっているものもあるようです。

 

体に何かを入れるというのは、やはり強い刺激だと思います。

 

今回、体が一生懸命対処していると感じました。

 

その働きがどこまで自分のために動いてくれるのか、今後気になるところです。

 

人間の体の働きがどれほどのものかは、私達にはわからないことだらけです。

 

人によりますが、そういう時期に自分から不摂生や余計な負担を増やすことはあまりしない方がいいかもしれません。

 

ただ、負担をかけないにしてもそれをいつまで続けるか。

 

ワクチンだと副作用ではなく副反応という言い方をしているそうですね。

 

それがいつまでどのような影響がでるのか、これからわかっていくことでしょう。

 

多くの人が健康についてこれまで以上に考える機会がしばらく続きそうな気がします。

 

食事や睡眠、運動に人間関係のストレスなど、日常生活で体への負担を減らすためにできることは結構あるので、心配な方はできることを少しずつでもいいので取り組んでみてはどうでしょうか。

 

 

 

気が付けば今月も半ばです。

 

一時期よりは過ごしやすくなってきています。

 

マスクや消毒で気づかず体に負担をかけていることもありますし、人との対応に気づかれしている人も多そうです。

 

休日など、気分をかえて気持ちよく過ごせるように工夫してみてください。

 

 

 

今週の土曜日はご予約で埋まってしまいましたが、他の曜日はまだ空きがあります。

 

ご希望の方がいらっしゃいましたら、ご連絡ください。

 

みなさまのご来院をお待ちいたしております。

 

 

 

写真は娘が書いた「藍」の字です。

 

横1Mくらいの大きさの紙に、最近書けるようになってきた自分の名前の漢字を書きました。