エアコンクリーニング

最近エアコンの効きがよくなかったため、エアコンのクリーニングをしてもらいました。

 

エアコンの清掃は3月頃から忙しくなるそうで、丁寧にやっていただけました。

 

室外機もかなり汚れていたため、清掃後は驚くほど効きがよくなったように感じたのですが、その日はちょうど外気温も高めだったようで、翌日からはやや効きがいいかな、という感じです。

 

作業を見ていると、通常みることがないエアコンの内部にたまった汚れやカビなどが洗い出されるため、きれいになっていく実感があります。

 

見ていて面白かったです。

 

今日は日中も暖かく、これから気持ちよく春を迎えていけそうです。

 

 

 

ロシアとウクライナのことで様々な報道がなされていますが、視野を広げて考えるきっかけになりそうな動画を見つけました。

 

少し古いのですが、馬淵睦夫さんの2020年のYouTube動画です。

 

ここ2年ほどのコロナ騒動は、パニックから始まり混乱の中で対応を積み重ねてきました。

 

パニックになると冷静な対処ができなくなります。

 

ダマされるような場合も同じではないでしょうか。

 

自覚のない偏った思い込みや歪んだ決めつけは、報道を鵜呑みすることで拍車がかかることがあります。

 

また、その混乱に乗じておかしなことが行われても、そのおかしさに気づくことなく、私たちの生活がかき乱されていくこともあるため、報道をまんま鵜呑みにするのではなく、落ち着いて情報に目を通していくといいでしょう。

 

誰かを一方的に悪いと決めつけて煽る報道を見ると、「本当にそうなのかな?」と違和感を感じる機会も増えてきました。

 

そして、両者の立場を事実に基づいて解説している話を見ると、最初に感じた印象とは大きく変わることもあります。

 

自分に関係ないことと思っても、なぜメディアを通して私たちの意識をある方向に誘導するような情報の流し方をするのか考えてみると、どこかで私たちに関係してくるからです。

 

おかしなことを信じておかしな行動をすれば、おかしな結果にいたります。

 

偏った報道を信じて偏った判断で行動していれば、私たちの日常生活は偏った考え方に基づいた社会の中で過ごすことになります。

 

世界中で偏った報道がされ続けているとしたら、それは世界中の人を巻き込んでおかしな方向に舵を切ることになるかもしれません。

 

自分たちが目指す方向に一致していればいいのですが、ずれているのであれば、おかしいと感じるのであれば、それを信じて行動に移していないか考える必要があると思います。

 

なぜなら、自分の求めていない方向に向けた取り組みになっていれば、それは自分が生きづらくなることをやっている可能性もあるからです。

 

パニックになり焦ってしまうと、わからないことをわかったつもりになって押し切ったり、大丈夫に違いないと闇雲に決めつけてしまいがちです。

 

わからないことはわからない、いま判断できないことは保留、ということも大事なことだと自覚しておかないと、周りに流されて自分を苦しめるようなことをしてしまうかもしれません。

 

 

 

最近いらっしゃる方たちのお話を聞いていると、ご本人や周りの人たちの仕事の中で、細かいミスが頻発しているようです。

 

ストレスのたまりやすい毎日が続いていることも関係しているのではないかと思うのですが、疲れ気味で冷静に判断できなくなっていることも考えられます。

 

パニックではなくとも、やっていることと思っていることがずれていると、生きづらくなるようなことを知らず知らずのうちにやりがちです。

 

有給が使えるなら、まとまった休みをとってしっかり体をやすめてみることもいいのではないでしょうか。

 

無理がきかなくなってきていれば、心身をやすめて回復しやすくするためにも、残業をしないで定時に上がるようにしてもいいでしょう。

 

報道や政策など、煽るようなことがつづいているため、疲弊している人たちが増えているような気がしてなりません。

 

働き方に歯止めが効かない、切りかえがうまくいかない、休みたいのに夜更かしをしてしまうような方たちは、大きく体調を崩すことが無いよう、自分のコンディションに意識を向けて過ごしてみてください。

 

これから暖かくなってきますから、週末など、陽に当たりながら外を散歩したり、環境がいいところに出かけて気分をリフレッシュするなど、積極的に動いてみるのもいいと思います。

 

特別な薬やサプリメントをとらなくても、ちょっといい果物を食べたり、新鮮な食材で調理した美味しい食事をしたりするだけでも、けっこう元気がでます。

 

工夫すれば少ない労力でもきもちよく過ごせると思います。

 

気持ちのよい週末を過ごせますように。

 

一週間お疲れさまでした。

 

 

 

来週もみなさまのご来院をお待ちいたしております。