穏やかな陽気

息子が夢の中で乗った鳥の絵
息子が夢の中で乗った鳥の絵

今日は穏やかな陽気です。

 

春も間近ですね。

 

2月も今日で最後です。

 

3月になると、環境の変化で人の往来が活発になりますね。

 

等々力駅や尾山台駅周辺では、お店の入れ替わり、建て替えなど、噂も含めてこれから街並みの変化がありそうです。

 

そういえば、尾山台にまた1軒カフェがOPENしていました。

 

コロナ以後、食事をするお店は大変なのかと思っていましたが、カフェに関してはそんなことはなさそうに思えるくらい、次々増えていきました。

 

当院の近所にある洋菓子屋さんも、連日大盛況です。

 

近所にモーニングもやるレストランも開き、モーニングの料金が5000円くらいらしい、ということでした。

 

繁盛しているところは繁盛していますね。

 

多くの人は、習慣を変えることをしたがりません。

 

いつものように通勤して、いつものように食事に入るお店があれば、改めて他の店を探すことなくいつものようにそのお店に通うことがおおいでしょう。

 

しかし、状況が変わり、リモートで自宅にいる時間が増え、通勤もしない時期がある間に、そうした習慣は変わり、場合によってはお店自体が無くなったところもあるかもしれません。

 

大変な状況であっても、変わらず営業し続けようとしていたところは、休んでいたところよりもお客さんの定着率がいいのではないでしょうか。

 

それぞれの事情もあって過ごしたこの2年くらい。

 

創意工夫してさらに売り上げを伸ばしたところもあるでしょうし、商売のお話を見たり聞いたりしていると、いまの変化の激しさを感じます。

 

 

 

最近改めて救急車とレスキュー車を見かける機会が増えています。

 

これについて思うことなどいろいろ書きかけましたが、やめておきます。

 

そろそろ子どもたちへのワクチン接種が始まる頃ですね。

 

疫病なのかなんなのかわかりませんが振り回されているここ数年に加え、紛争や自然災害、経済などの事柄に翻弄されがちな日々です。

 

穏やかな春を迎えていけることを願っています。

 

 

 

写真は、息子が夢の中で乗った鳥の絵だそうです。

 

前日、お友達の家でファンタジー映画?を観て、そこに出てきた鳥だったようです。