地震、大丈夫でしたか?

先日、久しぶりに大きな地震があって驚いた方も多かったと思います。

 

時期も時期でしたが、福島県と宮城県を中心に大きく揺れたので、3.11の余震だったのでしょう。

 

昨夜も岩手で震度5強の揺れがあったようです。

 

まだ揺れることがあるかもしれませんので、気を付けてお過ごしください。

 

8日のブログで噴火があるかも、と書きましたが、今回の地震にしても大地が刺激された結果だと思います。

 

東北の震災の頃、長野県でも大きく揺れたことがありました。

 

火山活動や地震など、あまり活発にならないですめばありがたいですね。

 

やや気になるのが、メンタルへの影響です。

 

春先、情緒不安定になる方もいますし、コロナのことでストレス過多になっていたり、気持ちが弱っている方は、追い打ちをかけるような大きな地震で気持ちが参ってしまっているかもしれません。

 

自覚なく過ごしていて、ある日急にくたびれてしまうこともあります。

 

気持ちが折れるとまではいかなくても、一度調子を崩すと、しばらく立て直しに時間がかかることがあります。

 

穏やかな陽気で気持ちよく過ごせる時期になってきていますので、気持ちをやすめながらリフレッシュしておくといいでしょう。

 

なにかやらなくては、という感じで気忙しく休めなくなっている方は、多少余裕があるのであれば、近くのホテルでもいいので一泊して、日ごろやっていることや家事など、なにもしないで過ごすことで休めることもできます。

 

ウツっぽくなっていた方が、これを毎月何回か繰り返して元気になった、というお話を聞いたことがありました。

 

なにが自分に合っているかは、実際にやって確認しながら見つけていきます。

 

あの人に効いたから私にも効く、とは限りません。

 

ちょっとした工夫やアレンジで変わることもあります。

 

なにかと不安定になりやすい時期ですから、自分の体調管理に役立つものがあれば、上手に取り入れていくといいと思います。

 

 

 

マッサージの仕事をするようになって20年以上たちますが、定期的に施術を受けて体調管理している方が多いことに、ある時期気づきました。

 

日常生活の中で、他の人たちがどのように過ごしているかは、なかなかわからないものです。

 

むかし自由が丘で働いていた頃は、会社経営者や働き盛りの人たちが多かったですし、体調を崩しがちな方、時間を持て余して優雅に過ごす方もいました。

 

目的はそれぞれ異なるため、普段マッサージを受ける習慣がない方たちからすると、なんのためにマッサージを受けるのか、その印象もずいぶん異なると思います。

 

この世界に入って間もなく、面白かったのが、「腰をいためたのでマッサージをやめておきます」とキャンセルをしてきた方がいた時のことです。

 

先輩が、「こういう時のために俺たちがいるんだろう」と受付の担当者に怒っていたのがとても印象に残っています。

 

自分たちの仕事がどういうものか、自分たちが思っている以上に相手にわかってもらえていない、ということが時にあります。

 

その方が関わってきた中で経験したことを踏まえての結果かもしれません。

 

話をひたすら聞いてもらいたい方、癒しを求めて優しくさすってもらいたい方、ストレスの発散でひたすら強く押してもらい痛みに耐えたい方、体をやすめてリフレッシュしたい方、予防を兼ねて簡易的な治療的を求める方、笑い話のようなイレギュラーなことを求める方なども含め、様々です。

 

ご希望などあれば、施術前やお問い合わせ時にお気軽にお尋ねください。

 

できることの中で対応できるよう考えていきます。