4月の営業案内(一部訂正しました)

今日から4月です。

しかし、外は寒く、やや強い風が吹いています。

 

花粉も飛んでいますし、風邪などひかれないようお気をつけてお過ごしください。

 

 

 (※訂正です)

『四月の予定ですが、日曜日以外でお休みする予定はありません。』と、書きましたが訂正です。

 

4月30日(土)は都合によりお休みいたします。

 

 

29日(金)昭和の日は営業を予定しています。

 

7日(木)は、息子の入学式があるため、私用でご迷惑をおかけしますが、15時からの営業を予定しております。

 

 

 

先日、国立感染症研究所の発表で、新型コロナウイルスの感染は空気感染によるもの、という見解が発表されたようです。

 

検証はこれからもされていくでしょうから、とりあえずいまはそういうこと、という認識でいますが、これはマスクによる予防が今まで信じていたほどあまり意味をなさない、ということにもなるのではないでしょうか。

 

もともと、効果については大して無いと言われていたものが、いつの間にかあれこれ理由があるのかないのかうやむやのまま、皆が使用することがマナー、社会性のある態度、みたいなことになっていたことに違和感がありました。

 

いまは情報が錯そうしているため、おかしなデータや偏った思い込みに基づいて判断されていることが沢山ありそうです。

 

マスク自体はそれなりに効果があるのかもしれませんし、思っているほどないかもしれません。

 

コロナの感染がひと段落すれば、落ち着いて判断できる人が増えることで、なにが効果的だったのか結果を通してより正確に検証できると思います。

 

薬も含めた対策全般、安易に白黒はっきりできることではないと思いますので、視野を広げて様子をみたいと思っています。

 

それにしても、薬で予防して薬で対処すること以外はあまり重視されないどころか、それしかない、という他を否定して選択肢を無くし絶対視に近い状態で対処を押し切ろうとする流れがあることに、強い違和感があります。

 

問題なく過ごせている身の回りの人たち、そして他国の情報にも目を向けて、いま違う対処をした地域がどうなっているのか、なぜ違う対処をしたのか、など、も見比べながら、最善の選択をしていけるといいのですが。

 

今回、マスクの予防効果についてある段階の結論が変わったことで、効果より弊害の方が高い可能性もあり、改めて個々に考えて使用する必要があると思います。

 

これから暖かくなってくるので、陽に当たり、体を動かし、よく働いてよく休む、美味しく食事をとる、など、当たり前だけど、そうであれば穏やかに過ごせるようなあれこれを意識的に行っていくといいでしょう。

 

それが多くの人にとってはストレスが少ない生活でしょうし、免疫力も上がりやすいと思います。

 

 

 

寒暖差の影響やスマホやPCを根詰めて見すぎているのか、首肩や腰をいためてご来院、というケースが増えてきました。

 

なかには運動不足が原因のケースもありますが、疲れがたまっている人もいます。

 

大きく体調を崩す前に、体の手入れをするといいですよ。

 

筋肉を緩めるには、適度に動かす、汗をかく、湯舟で温める、きもちよく寝る、といったことが有効です。

 

ただ、ため込みすぎた疲れ、ぞくにいう慢性的な疲労は、ちょっとやっただけでは変わらないこともあります。

 

自分でやるのも面倒くさい、という方もいます。

 

やりたくないことを無理してやる必要もありません。

 

そういう時にマッサージを上手に利用していただくと、問題解決が早く済みます。

 

体をやすめにいらしてください。

 

 

 

みなさまのご来院をお待ちいたしております。