受け取った言葉

四月も後半に入り、あちこちで花が咲き乱れていますね。

 

雨が多いものの、晴れた日には気温もあがり、今日もはじめの前を半そで姿で歩く人がちらほら見られました。

 

 

 

ちょっと気になっていることがあります。

 

たまたま、と言ってしまえることですが、今年は啓蟄(けいちつ)の日前後以降に一度もカエルを見ていません。

 

ここ数年、毎年必ずヒキガエルを見て、今年も春が間近なんだなと感じていましたが、それがありません。

 

もうさすがに出てきているでしょうが、まだみていないのです。

 

また、他の方のお話です。

 

その方のご自宅には毎年つばめが巣をつくりにやってきます。

 

例年だとすでに来ているらしいのですが、今年はまだ来ていない、ということでした。

 

今年は台風がすでに発生して日本の近くまで来ていたので、その影響もあったのかもしれません。

 

今年は台風がどうなるのか気になるところです。

 

 

 

そういえば、先日稽古会でご一緒させていただいている方の道場に伺い、操法を受けてきました。

 

私がくたびれていたこともあり、夢うつつで受けていたのですが、その時に治療の心構えのようなことをインスピレーションとしてつらつらと語られました。

 

その内容は他のことにも通じる面がありそうです。

 

あとで書き留めて簡単に整理した内容を載せておきます。

 

 

 

施術で向き合うとき

 

その場の自分で向き合うのでは

 

一対一で力(エネルギー)が拮抗してしまう

 

それでは相手は変わらない

 

相手が変わる明確な根拠として

 

自らがその場に持ち込めるエネルギーの累積があってこそ

 

相手は自ずと変わる

 

圧倒的とも思えるその力の差があって

 

相手は初めて変わり

 

動く

 

その差は

 

日々のその瞬間に思いを向けた取り組みの積み重ねに他ならない

 

その積み重ねといっても

 

誤った取り組みの累積は

 

結果を残さないばかりか

 

間違った判断や流れに身をゆだねてしまいかねない

 

方向性を的確にし

 

それを行動に移しながら

 

積み重ねていく

 

それで初めて

 

相手を迎え入れる素地ができあがる

 

 

 

明日は夕方の時間帯で空きがあります。

 

来週は都合により、土曜日お休みになります。

 

みなさまのご来院をお待ちいたしております。