今年の梅雨入りは早いらしい

予報を見ていると、今年は梅雨入りが一週間ほど早いみたいですね。

 

 

 

昨夜は雨が降りましたが、今日は晴れています。

 

出勤途中、Tシャツ姿でランニングしている人もいましたが、大半がなにか羽織っており、薄手のコートを着ている方もいるくらい、涼しいというよりはやや肌寒いくらいでした。

 

今年は梅雨明けも早く、夏は暑くなる、という予想をみかけましたが、どうなるでしょうか。

 

食糧危機を懸念する話を見かけることが増えました。

 

暑い夏だと台風も大きくなりやすいでしょうから、過ごしやすさだけでなく、気になることがいろいろ出てきそうです。

 

 

 

いろんな方とお話をしていると、業種によって大変そうなものもあれば、変わらず忙しいところもあります。

 

昨日は仕事で使うスクーターのメンテンナンスに行った際、そこのおじいちゃん店主さんが話していましたが、最近カタログを見ていたところ、バイクの価格が以前に比べてずいぶんと高くなっていた、と驚いていました。

 

部品の調達が大変なものが、いまだにあるようです。

 

また、ガソリン車から電動タイプに本格的に移行しつつあるのでは、と話していました。

 

部品が無くて困っているのは建築関係でも聞いていますし、ネットニュースで上海のロックダウンの影響で自動車部品が間に合わず生産台数が減っている話を少し前に見かけました。

 

一方で、前も書いたと思いますが、等々力周辺ではカフェの出店が増えており、飲食関係ではウナギ屋さんがコロナ以後もいまもずっと忙しい、という話を聞きました。

 

串を打ったりさばいたりするのに経験がないと任されないこともあるせいか、手軽に転職できるわけではなく、人手が足りないことが常態化しているようです。

 

うなぎというと安く食べられるものではありませんが、むかしからお土産として持ち帰る習慣もあったことで、状況に変化への対応がスムーズにできたことが一つ要因ではないかといわれました。

 

 

 

これ以上の不測の事態に日ごろから備えていられるような余裕がない方はとても多いと思います。

 

ただ、いま身の回りで問題無く過ごせている人や、仕事で上手にやりくりできている方などいれば、自分に役立つことを聞けそうであれば、時間を少しでもつくって一度話を聞いておくといいかもしれません。

 

うまくいっている人のまねを考えてすれば、比較的望む結果に近づきやすくなります。

 

ただ、そのまままねをしてもそう簡単にうまくはいきません。

 

自分の置かれた状況や性格に能力などを踏まえて、アレンジしながら試していくことも必要です。

 

そこで失敗をすることもありますが、いままでに経験のないような出来事のなかで過ごしているのですから、うまくいかないことの方が多いのではないでしょうか。

 

とくにいまはパニックになっていることがずっと続いているかのような状態です。

 

そうなってしまうと思考停止に陥っている場合もあり、焦るばかりで大して頭が働くこともありません。

 

そういう中で肚をきめて知恵を絞り出せれば、順番に賢くなっていくとは思いますが、そんなことをする気も起きない人がほとんどだと思いますし、やる人はすでにやっていると思います。

 

よくわからない混乱の中でうまく立ち回れている人や、結果を残せている人たちというのは、やはりうまくいかない人よりはうまくいくなりのなにかを見つけていたり、気づいていたり、活かし方を知っている可能性があります。

 

社会情勢のつよい変化に翻弄されて、私たちの生活はこれからもまだまだ揺れ動きます。

 

なにもしないでのんびり待っていても、自分に都合よく世の中が変わる理由はありません。

 

むしろ、厳しい展開の方が可能性として高い人が多いと思います。

 

陽性者数なども減って気持ちに余裕が出てきた人もいると思うので、自分の置かれている状況や今後自分がどうしていきたいのか、ということを考え、上記のことも含め、一度自分に向き合ってみてはどうでしょうか。

 

そういったことのお手伝いもできますので、ご希望の方はご予約の際にお尋ねください。