七夕

息子が描いたシジュウカラ
息子が描いたシジュウカラ

今日は七夕です。

 

週間天気予報を見ると、曇り空が続きそうな感じですが、いまは晴れ間から青空が見えています。

 

東京に出てきてから、夜空を見上げる機会がずいぶん減りました。

 

七夕くらいは空を意識して見上げる人もいるでしょうね。

 

 

 

最近寝苦しい日がありますが、昨夜は寝汗をかなりかきました。

 

昼前に伺ったおばあちゃんも、普段はあまり汗をかかない方ですが、やはり寝汗をかなりかいたそうです。

 

寝汗は暑いからかく汗とは少し感じが違うと思っています。

 

むかしなにかで読んだ本に書かれていましたが、排泄機能をつかって急速に体の中にたまった疲労物質を外にだすことで体をやすめたり回復させる働きがある、というものでした。

 

このところたまっていた疲れが少し抜けた感じがあります。

 

暑さや寒さに湿気や乾燥などが分かりやすいと思いますが、年間を通して体が感じている季節感は、次の季節に向けて体を整えていくうえで大事な感受性ではないでしょうか。

 

香りや雰囲気、風の心地よさやつよさ、自覚しづらい気圧などもあるでしょう。

 

夏場は特に汗をかきやすい時期ですが、やはり季節なりの整理現象は、その時期を乗り切る働きもあるでしょうし、次の季節に向けた体の準備にもなるようです。

 

冷房で体を冷やしすぎたり、冷たいものや水分の摂りすぎで内臓がくたびれている方が増えてきました。

 

時間帯を選んで軽く運動して汗をかいたり、旬の野菜でその時期に必要な栄養をとるようにしたり、冷たいものを飲みすぎていれば熱いお茶を飲んだり暖かい食事を心がけてみるのもいいでしょう。

 

それをやった時に心地よい感覚があれば、体が求めていたものである可能性が高いです。

 

夏風邪に罹る方もいますし、コロナの陽性者数も増えて神経質になっている方も増えています。

 

陽性だから罹患しているとは限らない、ということをご存じの方もふえているでしょうが、もし本当に夏場でさえ流行っているのであれば、秋以降はもっと大変になります。

 

いつまでも薬やマスクに頼りっきりでは、体が弱るばかりです。

 

手を貸しすぎると、体の働きは低下することがあると聞いたことがあります。

 

依存が強まるような取り組みは、何かあったときに回復する力さえ損なうこともあると思います。

 

自力を活かしていくことがまず先です。

 

食事や運動に睡眠など、日ごろから行っていることの質を上げるだけで、ずいぶん効果が違うでしょうから、できることの中で無理なく続けられることや、過剰になって依存に陥らないものを考えて取り組むことをお勧めします。

 

東京に出てきたのが約20年くらい前ですが、当時何か勉強しようとすると、講座を受けたり本で調べたり、といったことが当たり前でした。

 

しかし、いまはネットでブログや動画、SNSでもちょっとした情報が調べて役立てることができます。

 

そのちょっとしたことを知るために、何冊も本を読んで調べて先輩たちから教えてもらったこともありましたし、自分でもやってきました。

 

それがいまでは調べることも簡単になっているばかりか、わかりやすく手軽な方法を提案している人も増えています。

 

間違った情報やおかしな考え方に思い込みや決めつけなども混じっているので、それを見分けて判断できるようになるのも大事なことですね。

 

ただ、規制されて消えていった情報も数多くあるでしょうね。

 

興味を持って調べれば、とりあえず取っ掛かりとなるものを見つけやすい時代になっています。

 

行動に移すことで、新たなきっかけが生まれることもあるでしょう。

 

自分のために生きているのですから、自分のためになることをしていくことです。

 

そこで自分ではできないことを知り、専門家に頼むことの価値がわかることもあります。

 

自らの専門性を高めることで、価値を知る人の要望に応えるやりがいを見つける人もいるかもしれません。

 

これからますます不安定な社会になっていくと思っているのですが、自分がどうしていきたいのかを決めていれば、多少振り回されても、その方向性に向けて立て直していくことができます。

 

決めていないと、何かあるたびにあっちを向いたりこっちを向いたりして、フラフラしながらくたびれてしまいます。

 

まずは、よりよく生きようという大きな方向性を決めることが大事だと思っていますが、そのうえで行動に移す中で自分の持ち味に気づいたり、至らなさを知ったりして、目指す方向が具体的になっていく人もいるでしょうから、きっかけを活かしてどんどん動いていくといいと思います。

 

感染者かどうかも分からない陽性者数が増えるだけで、公的な縛りや抑圧が強まっていきます。

 

これまで通りいわれるがままでは、そろそろ限界を迎える人もいるのではないでしょうか。

 

人生は自分の持ち時間です。

 

限られたその時間をどう使うかを決めるのは自分です。

 

今一度自分の思いを確かめ、どう過ごすか考えてみてください。

 

選挙が終わると、またなにかバタバタし始めるような気がします。

 

落ち着いて過ごせるときに、自分の能力を高める取り組みをしたり、自分がどうしたいかを考えておくといいですよ。

 

 

 

写真は、息子が描いたシジュウカラです。

 

 

 

 

 

息子が描いたシジュウカラ
息子が描いたシジュウカラ