また梅雨?まだ梅雨?

父親の遊び絵と書
父親の遊び絵と書

先日、気象予報士の方のツイートを見ていたら、また梅雨に戻ったのか、これからが本当の梅雨なのか、と戸惑っている内容が書かれていました。

 

気候変動が取りざたされるようになってから天候のおかしさを感じることはありましたが、梅雨が二度目なのかこれからが本当なのか、まだ終わっていなかったのか、これまであまり経験したことがないようなことが起きているようです。

 

自然環境との向き合い方は、食品を通して考えさせられることもあります。

 

日本でとれる漁獲量の低下が今後懸念されそうな話をYouTubeで見かけました。

 

簡単にいえば、稚魚が育つ環境が、これまでとは異なりどんどん減っているのではないか、というものです。

 

また、以前から感じていましたが、実家に帰省した際に見かける虫の量の少なさ。

 

当然、植物の生態にも大きく影響がでてくることです。

 

原因として考えられるものとしてまず素人判断で思いつくのが、農薬が関係しているのだと思いますが、それがどこに使われているものの影響なのか。

 

田畑はもちろんですが、山間部でなにか使われていることが影響を及ぼしているかもしれません。

 

護岸工事や田畑の減少、道路の舗装、電力関係で太陽光発電、いくつもの要因が重なっていることも考えられます。

 

それ以上に、私たちの食べ物に対しての考え方も、一度改めて整理して修正を求められるような状況になることがあるように思います。

 

自然災害も含めた理由からなのか、世界的な食糧危機の懸念を以前からネット上では度々見かけてきました。

 

しかし、実際にそれが起きるかどうかはともかくとして、ウクライナで起きていることとそれに付随して発生した流通の問題、各地の食糧倉庫などが火災で焼失していること、そういったことから、半ば人為的に起こるべくして食糧危機が迫ってきているようにも感じられます。

 

なにか変な感じなんですよ。

 

今後どうなっていくのかわかりませんが、これまでの小手先の見直しや取り繕いではなく、社会全体の在り方、経済や流通、物の消費、健康、他者との共存など、人類全体がどういうことを大事に今後地球で暮らしていくのか、そういうことを真剣に考える状況が遠からずやってくるように感じています。

 

ネットを見ていると、中国の大手不動産会社のデフォルトや預金封鎖騒動、スリランカのデフォルト、そして安倍元首相の暗殺、という感じで、ネガティブな内容の報道を見かけることが続いています。

 

そういえば、武漢でコレラを確認、という共同通信の報道もありましたね。

 

いまは不景気なので、円安がある程度進むことは予想できます。

 

しかし、不足の事態がおき、それが自分たちではコントロールできないような海外での出来事由来だとすると、その影響は想定外の結果として私たちの生活のなかで起きていきます。

 

経済の専門家でもなければ、何かが起きてから慌てて対処するのが関の山なので、後手後手になるほどに焦りや混乱などが激しくなります。

 

ストレスの多い時期に入っていますが、それはこれからますます拍車がかかると思っています。

 

日常生活での小さなストレスの積み重ねも、意識されることもないくらい地味ですが、私たちにしっかり影響を与えています。

 

不測の事態のイレギュラーなストレスは、起きた時に対処していくしかありませんが、分かっている範囲での予防、準備、身近な事柄の何気ない課題や問題、先送りしてやっていないこと、気が乗らず考えようとしていないことなどは、意識すればいま解決したり負担を減らすことも可能です。

 

いまできることがあれば、ゆっくり過ごしてもいいのですが、余裕をもってやれるうちに取り組んでおくことで、人によっては命拾いにつながるかもしれませんよ。

 

 

 

梅雨が明けていないという話と関連があるのか、磁気嵐の影響もあるのか、ただただその人のやってきたことの結果なのかはともかくとして、体の疲れもそうですし、メンタルの不調でトラブルメーカーになっていたり、情緒不安定気味な方もいらっしゃいます。

 

暑さや湿気で落ち着いて眠れていない方もいるでしょう。

 

仮眠や休息、有給を使ってしっかり一日休む、食べ物を見直してみる。

 

日ごろ口にしている油には、体に負担をかけるものもあります。

 

添加物や化学調味料で体に合わないものを摂っている方もいるかもしれません。

 

コンビニの食事ばかりになっていれば、手作りでそういったものが少ない食事を意識して摂るだけでも体の休まり方、気持ちの穏やかさや落ち着きなどが違ってくることもあります。

 

たった一回でかわることはないでしょうから、できれば続ける中で体の変化を実感するところまで経験してもらうと、モチベーションも上がって継続しやすくなります。

 

不調を感じている人がいれば、そういうところから調べてみてもいいでしょうね。

 

余談ですが、日ごろから気分が落ち込みがちな方がお一人いらっしゃるのですが、映画館でトップガンを見てから、表情がなんとなく明るくなっていました。

 

いい気分転換になったようです。

 

トップガン、いま流行っているみたいですね。

 

 

 

体の疲れが抜けない方、一度マッサージを受けてみませんか。

 

お話を聞きながら体調を整えるよう施術していきます。

 

元気に笑顔で帰っていただけるよう努めていますので、朝すっきり起きれない方や、日中の体のだるさなどが気になっている方、ぜひいらしてください。

 

皆様のご来院をお持ちいたしております。

 

 

 

写真は、父のアトリエに飾ってあった落書きのような遊びで描いたものです。

 

右側の作品、緑の下地の紙は、汚れを拭きって絵の具がしみて縮れたティッシュでしたが、言われるまで気づきませんでした。

 

はじめにもいくつか飾ってありますが、父親の作品をご希望の方がいらっしゃいましたら、お気軽にお声がけください。

 

予算などご相談の上、お日にちいただければ、ご希望に応じて作成も致します。

 

はじめに飾ってあった「虎」「とら」たちは、いまお出かけしているので、父親の作品を改めて飾っています。 

 

下の写真がそれです。

 

右側から「清坐(せいざ)」と書かれています。