「都合」について

 

(※以前のブログ「2016/5/1 No.2827」の内容について、補足で書いています。)

 

 

 

自分の都合だけでなにかをすることは、「利用する」ということ。

 

 

 

「自分が困った時だけ」、「全力をださないで楽をしたい時だけ」、という都合がある。

 

「楽をして得をしたい」、「自分は変わらなくても、取り組まなくても、そのことが何とかしてくれる」、「自分は得をするに値する特別な存在である」、などが下地にある。

 

「やったことが返ってくる」、「やった分だけ変わる」、という発想とは違っている。

 

 「宝くじ(高額賞金)が当たる気がする・・・」と大したこともしていないのに毎回奇跡を信じて買う行為のようなもの。

(以前は、たまにやってましたが、もちろん当たらなかったです・・・)

 

 

 

 

全体性を損なうやり方をしすぎてしまえば、どこかで修正がはいる。

 

ウソの分だけ歪みができていたのを、全体の流れを損なわない状態にする働きがでてくる。

 

それが、恒常性の維持。

 

 

 

 

自分だけの都合で利用できるということは、その利用する対象を自分よりも下に見ていることになる。

 

自分のほうが上だよ、支配できる関係だよ、と考えている。

 

弱肉強食とは、力あるものの都合が優先される、ということ。

 

だから力を集め、強くなり、自分の思うように生きられるよう取り組むが、そこで「自分だけの都合で」、とすると方向性がおかしくなる。

 

 

利用する者より利用されるものが下位とすれば、利用されるものは利用する者より力が無い、という理屈が考えられる。

 

 

そういう思いでやったことは、そういう結果(※1)しかでない。

 

それでも、思い通りに生きられていることにもなる。

 

(※1 どれだけお祈りの効果があっても、その効果は制限されたものになってしまう。)

 

 

しかし、上位であっても自由を認め、そういう都合での使われ方をゆるすことにより、主体性を損なわないあり方として、五井先生があるように思える。

 

 

 

お互いの自由を認める様子が、お祈りには現れている。

 

 

 

以上、不完全ですが補足と整理を兼ねて書いてみました。

 

参考になればうれしいです。

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 7
  • #1

    神田 征二朗 (金曜日, 13 5月 2016 01:25)

    非常に理解が深まります。

    私の持つ癖の話でもあるので、大変ありがたいです。

    最近、おかげさまとても楽しい日々を過ごさせてもらっております♪

    感謝できることがとても増えてきて、ハッピーです 笑

    地に足がつけばつくほど、心も身体も軽くなるって、不思議ですね。

    はじめにも、また伺わせてください。

    引き続きよい5月を^ ^

  • #2

    maxmona (金曜日, 13 5月 2016 11:48)

    何時もありがとうございます。
    とても参考になります。

    好都合、都合が悪い、という言葉が示すように、自分でやるべきことをしないで他人任せの方が言われる言葉ですね。
    自分の都合を見て、あちらへ、こちらへ、とくっついたり離れたり・・・
    神田様が言われるように、地に足が着いていないのでしょうね。

    今、私はそのような人達の真っ只中にあります。
    社団の中へ入ってくる会員企業の殆ど全部と言っていいほど、ご都合主義です。
    だい様が仰るとおり、方向性がおかしくなります。

    そういう方達は元々方向性など持っておらず、都合で、また、お金儲けの良い方へ転がるようです。矛盾の連続で見ていてもおかしいぐらいです。(笑)
    多くの企業が自由に前を向いて皆の幸せのために進むのではなく、他の企業へ向き他の企業を自分たちの下へ付かせ、大きくなろうと手腕を発揮するわけです。

    私の属する社団の規約には人種、性別、年齢、仕事内容など、いかなる差別も認めず公平に自由に仕事ができるように全てが幸せになるようにと記載しました。また、政治関係、公務員関係、他への如何なる賄賂も認めずとも記載してあります。
    この、当たり前の事が守れていないのです。自分たちの、また、企業の都合で変えてしまいます。

    陰糸の手先のような企業も多いです。
    その企業で働いている社員の皆さんは自由などあるはずもなく、言われるまま働かされているだけです。
    今の日本では何もかもが形骸化し、都合で動いているようです。まさに断末魔です。

    そのような中で宇宙全史と出会えたこと、BBSを通して、だい様や他の方と出会えたことには感謝しております。
    ありがとうございました。

  • #3

    wombat (金曜日, 13 5月 2016 12:41)

    こんにちは。

    >お互いの自由を認める様子が、お祈りには現れている。

    相手の自由を認めることはそのまま自分の自由を認めることにつながり、
    自分の自由を認めることで相手の自由も感じ取り、認めることができるようになる、
    と、最近、考えていました。

    相手の天命のまっとうを祈る時、
    それはすなわち、自分も含めた全体にもつながっていることなんだなぁ、と、感じています。

    自分だけの都合をまっとうしようとすると、
    それは相手も自分も含めた全体にゆがみがでるんだろうなぁ、ということが逆にも言えそうとも。

    また、考えが深まった感じがしました。
    いつもありがとうございます。

  • #4

    紫陽花 (金曜日, 13 5月 2016 17:28)

    こんにちは

    先日は施術ありがとうございました。
    行きの列車では体がだるくて、つらかったのですが、帰りはとても楽でした。

    母の愚痴についてのアドバイスありがとうございました。

    母に「愚痴を私に言うのは、もうやめて」と言えない現状でしたが、
    愚痴は言う自分にとっても良くない、苦しくなるだけと伝える事はできました。お祈りも伝えました。

    が、「もう私には言わないで」は言えませんでした。
    母は、「お祈りなんて、難しいことだね。」と言っていました。「私は悪くない!私には必要ない」と思っているだろうな、と感じました。

    お祈りをしないというのも、母の自由なので、‘あり’なのでしょう。
    私が母に「もう愚痴は私に言わないで」と言ったとしても、母は言い続けるかもしれません。それもそれでいいのかもしれません。

    でも、私はまだはっきりと意思表示できていないので、勇気を出して言ってみようかなと考えています。

    気がついたのですが、娘も学校や友達の事で、グチグチ言うのですが、娘は「これこれこうで、私は困っているんだけど、どうしたらいいのかな~?」と相談のように言ってくるので、私はそれほど、疲れることはありません。
    母は毒素をそのままぶつけてくるので、私は嫌なのだなと、わかりました。

    何とかしたい、方法を探したい。という姿勢と
    私は悪くない、相手が悪い。という姿勢の違いなのかなと思いました。

    私も、言ったところで母は変わらないだろうし、傷つきたくない、面倒くさいと‘逃げ’に入っていました。
    言うのは怖いです。

    でも、言って母が変わらなかった場合と
    言うこともせず同じ状況を耐えている場合とでは、状況は同じでも
    きっと何かが変わっているはずだと思います。

    ここはひとつ勇気を出して、母に言ってみようと思います。






  • #5

    だい (金曜日, 13 5月 2016 18:54)

    みなさん、コメントをいただきありがとうございます。

    ご覧いただいてわかる通りまだ整理できていませんので、みなさんそれぞれでもお考えいただき、自分なりの考えを構築していってください。

    それぞれの理解に応じた行動で、生きやすくなっていくといいですね。

    書くことで自身の整理にあててもいるため、今後も整理できていない内容を掲載すると思いますが、よろしくお願いいたします。

  • #6

    砂美 (金曜日, 13 5月 2016 21:21)

    こんばんは。ちょうど「都合」について考えていたので、とても嬉しくなりました。
    「利用する」ということ、という言葉にドキッとしました。
    自分の行動を思い返し、考えてみたいと思います。

    最近気づいた事は、
    私は信頼している人の話は素直に聞けるのですが、そうでない人が、いろいろ教えてくるのは少し苦手でした。
    しかし、いつどこに学びがあるか分かりません。
    自分をしっかり持ちつつ、この人はこういう考えなんだ、この人の気持ちをまずは「ありがとう」と受け入れて気持ちよく話を聞こう、と思いました。

    まだバタバタしていて、過去のブログ、読めてないです。
    読むときっと新たな気づきがあると思います。
    コツコツ頑張ります。^^

  • #7

    だい (金曜日, 13 5月 2016 23:49)

    砂美さん
    コメントをありがとうございます。

    「しかし、いつどこに学びがあるか分かりません。
    自分をしっかり持ちつつ、この人はこういう考えなんだ、この人の気持ちをまずは「ありがとう」と受け入れて気持ちよく話を聞こう、と思いました。」

    そうですね。
    自己満足のお節介という方もいらっしゃいますが、否定しないで聞いて考えることが大事だと思います。
    そこから広がるご縁もあるかもしれません。
    最終的に感謝できればいいですね。

    「まだバタバタしていて、過去のブログ、読めてないです。
    読むときっと新たな気づきがあると思います。
    コツコツ頑張ります。^^ 」

    日常生活でやることはたくさんあります。
    お時間あるときに読んでいただければなによりです。
    ありがとうございます。