身の丈にあった取り組み方

今回は先日のブログ「メモ 基本的な考え方」のコメントの補足になります。

 

私たちは覚醒を果たしていないエゴベースの状態で生活しています。

 

その中で「成長する」「よりよく生きる」という方向性を打ち出したとき、エゴの歪みを整理していくことで、それを促すことができます。

 

その歪みは、きちんとした状態と照らし合わせることでわかりやすくなるため、きちんとした状態、すなわち、正しい物事を知ることが重要です。

 

しかし、わたしたちはエゴという不完全さゆえ、完ぺきに正しい状態を知ることはできません。

 

ですから、「より正しい」を知ることが最善になります。

 

「より正しい」は「完璧に正しい」わけではないため、多少の歪みが混ざっている、ということです。

 

ですので、その歪みを見つけた時に軌道修正することで、少しずつ上を目指していけばいいのです。

 

不完全さを認められるとこれが理屈にあった取り組みとわかりますから、無理をするのではなくできるところからやればいい、と思えるので葛藤も少なくなります。

 

身の丈に合った取り組み方といえると思います。

 

いろいろ書き出すと長くなるので、今回はここまでにします。

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    midori (木曜日, 04 8月 2016 07:34)

    今の私の状態にあった、身の丈にあったより正しいを選択し修正していく。
    少しずつ少しずつ。
    歪んだエゴの中での完ぺきと比べることで葛藤をうみ、自己否定につながっていたのかなと思いました。
    今週に入りこれができた、あれができたと思えていることに気づき、生きる意欲がうまれている実感がわいてきました。
    少しずつ一歩ずつ、より正しいを選択していけるように生きたいです。
    これからもよろしくお願いします。
    ありがとうございます。

  • #2

    だい (金曜日, 05 8月 2016 10:10)

    midoriさん

    小さな積み重ねであっても、方向性が定まっていれば、やった分だけ変わります。
    山登りと同じですね。
    山頂を目指し踏み進める一歩一歩があって初めて、山頂に到達することができます。

    時にブレながら、その都度気づいた時に修正していく。
    方向性は出てきているので、焦らず慌てず一歩ずつがんばってください。
    その調子です。