整理してます

いままでブログに書いてきたことを少しずつ整理しています。

 

 

ずいぶん好き勝手書いてきたものですから、あちこちに散らばっているかんじで読みづらい方も多いのではないかと思いました。

 

 

時間がかかるとは思いますが自分の頭の整理にもなるので、早めにやり切ってしまおうと思います。

 

 

 

 

コメント欄に書いてくださる方も増えてきましたが、時に厳しいコメントを返す機会も出てきています。

 

 

基本穏やかで前向きにコメントを返していきたいと思っていますが、なぜあえてそれを書くかといえば、それはまだ間に合うから今のうちに改善しておいた方がいい、と判断するからです。

 

 

「不完全だから」のところでも少し書きましたが、自分のことは自分でやる、それができなければ・・・ということが今後顕著になってくると思います。

 

 

恵まれすぎている今の状況から一転したとき、自分は不幸だと思うか、これまで身の丈以上の恵まれていた環境だったと感謝できるか、この違いがけっこうあちこちで表れるような気がします。

 

 

私ももともとそうですが、自分のことを自分でやらないで誰かをあてに生きている人は、甘えがあります。

 

 

しかし、みんなが自分のことで手一杯になったとしたら、誰も手助けなどしてくれません。

 

 

物事を教わるにしても、誰かが分かりやすく教えてくれて当たり前、ではないのです。

 

 

同情のお話と同じことです。

 

 

自分で変わろう、なんとかしよう、という意思がないと手を貸す意味がありません。

 

 

意欲も大事で、実際に行動に移してはじめて結果はでますから、そのためには自らの意欲を損なう考え方の癖を変えていく必要があります。

 

 

まず自分でできるだけ考える、調べる、やれることをやる、ということをしてからでないと、本当に自分のわからないことや知りたいことは見えてきません。

 

 

お祈りについても以前書いたと思うのですが、逃げのお祈りでは効果もなく、やれることをやりきらないで安易にお願いしますでは、自分の成長はほぼ得られないでしょう。

 

 

竜宮城でウハウハ過ごして陸にもどった後、玉手箱を空けたら本来の姿にもどってしまった、では意味がありません。

 

 

ですから、今のうちに質問してくれた方には例え厳しい内容であっても聞き入れてもらえると判断すれば、必要があれば厳しいコメントを書くようにしています。

 

 

厳しく書かれた方はたまったものではないと思うのですが、逃げずに向き合っていただくことは決して無駄にはなりませんので、今後もめげずにブログを読みこんでいただきたいと思います。

 

 

もし仮に優しく丁寧に伝えたとしても、意欲がないとなかなか伝わりません。

 

 

自分に向き合っていただき、よりよく生きたい、成長したい、まっとうに生きていきたい、そういった思いや意欲があるかどうか一度考えてみて下さい。

 

 

意欲もあって信じてもらえればなお効率もいいのですが、それは私の問題でもありますので地道にがんばります。

 

 

今のうちに出来るだけレベルを上げれる方は頑張っていただくといいと思います。

 

 

レベルを上げる一つの取っ掛かりとして、書いてみました。

 

 

いきなりはできませんので、できるところから一つずつです。

 

 

時間もかかることなので早めに取り掛かるといいですよ、とお伝えしておきます。

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 7
  • #1

    しんすけ (火曜日, 23 8月 2016 21:37)

    きびしいですけど理解できそうです 五井先生にすがることは○光進会の会員さんや会長がインシの結界にはまっていることで納得出来ます、覚醒してない自分は五井先生にすがすのですが、あくまでも五井先生と自分との立場をよく理解した上でで五井先生の祈りをする、お助けの祈りから進化して、感謝の祈りでないとあまり効果がなく、かえって依存心がインシの方向に進む、、、祈り方の理由、、、祈る姿勢心構えが、、、重要、 感謝の思いで祈る 五井先生ありがとうございます 的外れでしたら、祈り姿勢を教えてください


  • #2

    だい (火曜日, 23 8月 2016 22:28)

    しんすけさん

    バッチリです!
    急成長しましたね‼︎
    ちょっと驚きました(^ ^)

  • #3

    papas (日曜日, 28 8月 2016 07:48)

    今さらであるのですが、余り効果がないというのは、自分の成長、より良く生きるの方向性であることに気が付きました。

    お助けの祈りであり続けることにどのような問題があるのだろう、覚悟が薄い、頑張っている人でないと効果が余りない?等と考えていたことから気が付いたもので、これは生きたい、生きるの方向性と、より良く生きる覚醒の方向性を同一視していたことから生まれたものでした。

    これを分けて考えるとお助け、すがりの祈りは、別に良くないことではなく、助けて頂くのに時間がかかるようになるということでもないのかな、生きる生きたいという方向性では問題ないのかなと思いました。

    しかしよりよくの方向性で、何もしたくありませんが五井先生の力で生きやすくしてください覚醒させてくださいの祈りでは、それは祈りではなくただの願望成就の想念、ツールでしかなく、欲、エゴの肥大に繋がるので全く効果がないんじゃないかなと思いました。

    より良く生きるための行動、考え方に変えようとする際に、それを妨げる、楽をしたい、意味のない~をしたい、まだやりたくない、等の誘惑、欲が生まれた時に消したくないと思っている自分ごと「一つのことしか考えることができない」メソッドを使い、祈りだけを考え、守護(霊と神)様や五井先生に消えていく姿の手伝い頂くことが自分から行動を起こすということでしょうか

    祈りだけを考えるとは、世界平和の祈りの内容を願う自分になるということであり、それは手伝って頂けたことへの感謝だけではなく、様々な感謝や祈りをさせて頂ける神様、良心に近付いた自分になることなのかなと思います

    生きる生きたいという方向性だけであるのであれば
    やらなければならないことはありますが、エゴがやりたくないと思うものはやらなくても良いのかな、やりたいことだけをやって良いのかなと思いました。

    であるならば、
    ここ最近家族に対しての不完全な面や生きにくい考え方があることに気付き、目についたり、裁こうとしてしまったり、無情に上から目線で押し付けようとしたり、どうしたら生きやすい方向に向けれるだろうか等と意味もなく悩んだりしましたが、これらの想念や行為は、より良く、の方向性を望んでいない相手に自分のエゴで相手の自由を制限しようとするもので、意欲のない相手の生きにくい考え方に対して意識を向けることの意味のなさを思いました。なのでただ認め、相手の良い面を見習い学んで、ただ世界平和の祈りの光を当て続けようと思います。

  • #4

    だい (月曜日, 29 8月 2016 21:44)

    papasさん

    コメントを返そうと書き上げた文章がいま消えました・・・
    気を取り直してもう一度。

    コメントをありがとうございます。
    少しずつ内容がまとまり理解も深まる一方で、書き込むという行動に移しているので、結果として文章を通してエゴが分かりやすくなっています。
    よく見直してみるといいのではないでしょうか。

    自分の取り組んだ結果を見直すことで軌道修正ができますし、私自身いままで書いたブログを読み返すことで反省や自信になることがあります。
    知識は人が出した結果ですので、自分のものにしないと本当の自信にはなりません。
    知識を実践することで初めて自分の実績となり、それはすなわち自信となり、目の前のことへの取り組みに集注出来るようになっていきます。

    その取り組みがなんなのかはその人の方向性によりますが、より歪みの少ない取り組みをすれば、より歪みの少ない結果が出やすくなります。
    お祈りはそうした取り組みの一つであると考えています。

    生きる、生きたい、という方向性がでているのであれば、生きるなりの、生き残るなりの取り組みは最低限しないとそういう結果にはたどり着きません。
    エゴがやりたくないからやらなくていい、については、そのやりたくないからやらなかったことで結果的に生きていけなかったなら、それは生きる方向性をキチンと出していなかったか、結果がでる前に諦めたか、ということになります。
    大事だと思うから、やりたくなります。

    結果を見て自分で思っていた方向性とは違っていたことがわかる場合が多々あります。
    こんなはずではなかった、と思えば軌道修正して結果が出るような取り組みを変えていけばいいのですが、時間も限られてくると結果がでるまで間に合わないことがあります。
    やはり方向性を決める時点でよく考えた方がいいですし、歪んだエゴが少ない方が軌道修正も少なく効率よく結果が出せますので、日々の取り組みの見直しが習慣になるといいのではないでしょうか。

    実践、大事ですね。

  • #5

    papas (月曜日, 29 8月 2016 23:51)

    ご返信ありがとうございます
    良い悪いをエゴで判断していた自分があり、やらなければならないことと生き残る取り組みが何であるのかが分かる状況でないことが抜け落ちていました

    本当にやりたいこと、やらなければならないこと、
    この2つは長い課題になるのかなと思います

  • #6

    RS (水曜日, 31 8月 2016 14:30)

    だいさま

    先日はお世話になりました。
    約2ヶ月前にお伺いした際、陰始度解消の期限を切っていただいたことで取組みに弾みがつきました。

    おかげさまで最近は、自らの魂を発達させていく方向を示す「風見鶏」のような感覚が、次第に意識内に芽生えてきたような気がします。

    その直接のきっかけは、零一さんのまとめに書かれていたコメントでした。「頭も体も一つしかないので、あれこれやっているようでも、一番大事だと思っていることをやり続けている」という内容のものです。

    今の自分の事実を素直に観察すること、それを定点観測しつづけること。そうすれば、わずかでも確実に、より明晰な思考が得られるということが、取り組んでみてよく実感できました。

    結局、私の中にある陰始度は、霊的な進化や成長に伴って拡大する「自由」は受け入れるが、その別の側面である「責任」の履行はできるだけ回避したいと考える自分だったようです(笑)。

    このことは、世界平和のお祈りへの向き合い方にも反映していて、霊的な摂理について都合の良い解釈を無意識に加えていたようです。

    それは、霊的な知識を獲得することで生じる「責任」を、お祈りをすることで軽減できると考える、いわば魔術師のような態度だったといえるのかもしれません。

    私たちは、「不完全」がより「ましな不完全」になっていくプロセスを永遠に続けられる境涯に達したからこそ、ようやく人間としての生命を与えられたのだと思います。

    ゆえに、鍛錬されて不純物を落としていく過程で生じる痛みや苦しみは、回避できるはずもない・・・。

    今回、この当たり前の法則がしっかり機能していることが、よくわかりました。

    だいさんの施術時のお話やこのブログで書かれている内容は、いずれ誰しもが引っ越して行かなくてはならない霊界コミュニティの「生活の心得」のようなものに思える時があります。

    このスペースは私にとって、その霊界標準の理を知るための「ジャイロスコープ」のような存在です。

    時々の自分の思考・行動のもとにある「動機」と照らし合わせることで、自らのベクトルを検出することができます。

    今後とも引き続き、この貴重な自習スペースをフル活用させていただきたいと存じます。

    ありがとうございました。

  • #7

    だい (水曜日, 31 8月 2016 23:02)

    RSさん

    こちらこそ、ご来院いただきありがとうございました。

    実践を通して理解を深めようとされていますし、ここに書いてくださったこともご自身の取り組みの結果として自分の言葉でお話できているため、とてもわかりやすいですね。

    取り組み方や過程はみなさん一人一人違いますが、ここでは共通して基本となることを主にブログに書かせていただいております。

    取り組み方を見直しいままでのブログの内容をまとめようとしていますが、私自身もここにきてすごく大事なことを学ばせていただいてきたと感じており、なんとか多くのみなさんにわかりやすく伝わるよう、形にしたいと思っています。

    ブログの更新が少し滞りがちですが、まとめることも今はやりがいを感じながら取り組んでいますので、できる範囲で更新していくつもりです。

    一年ほど前の過去のブログを読み返していますが、改めてみなさん見ていただくと、新たな理解が進むのではないでしょうか。

    以前分からなかったことがわかるようになっている方もいるはずですので、お時間ある時に読み返してみてください。

    こうしていただくコメントも非常に勉強になりますし、有効活用していただけるのであれば何よりです。

    ありがとうございます。