「今」が大事な理由

 

今が大事な理由は、(今の自分の)「思い」を「行動」に移せるのが「今」しかないからです。

 

今の思いを過去で行動に移すことはできないですし、未来で行動に移しても違う思いになってしまっているのでできません。

 

過去のことが忘れられない、引きずってしまう、というのは、その過去が一番大事だという思いが自分にあるから、今に意識が向けられない状態です。

 

運命をつくる力は、今このときの自分の思いに基づく行動によって発揮されます。

 

よりよく生きるためには、過去のことを考えてばかりいるよりは、今この時の自分を良くするためにどうするか考えた方がいいです。

 

「過去のこと」をゆるすことは、それまで大事だと思っていたその重要度を下げることになります。

 

大事だと思うことはいつも思い出しますし、忘れられません。

 

もっと大事なことに気づけば、自然と重要度は下がり、執着も薄れゆるせるようになっていきます。

 

そして、大事なことが本当に大事だと思えるようになり、他の物事もいまの自分にとってあまり重要ではないと思えるようになってくれば、それが重要度に占める割合は高くなります。

 

そのように純度が高くなった状態をピュアというのではないでしょうか。