これ大事

今回の内容は取り組み方として大事なことになるので、なるべく簡単に書きたいと思うのですがまだ簡潔にまとめられていません。

 

今はできる範囲で理解に努めるようにしていただければと思います。

 

最近感じていることですが、これまでそれぞれ取り組んできた方たちの結果がでてきているような気がしていますので、徐々に実感できる方もいるでしょうからあきらめずに引き続き頑張っていただければと思います。

 

 

 

成長という方向性を出して生きていく場合、これまでも何度か書いたと思うのですが、エゴを薄くする必要があります。

 

エゴは不完全ですので、不完全なエゴでエゴの不完全さをチェックしたとしてもあまり意味をなしません。

 

エゴを薄くする場合、方向性をださないままにそれに取り組んだとしても、薄まった空きスペースはすぐに新たなエゴに取って代わられることになるからです。

 

 

 

全体性の働きは変化し続けることで完璧であろうとしています。

 

この場合の「変化する」は、歪みをとったり減らしたりすることです。

 

エゴの歪みはもちろん、カルマを減らそうと思ったら、カルマも歪みですから全体性を使えばいいということになります。

 

 

 

全体性に方向性を向けることにより、より歪みの少ない上位の意識でチェックすることができ、エゴを薄くすることができます。

 

そのために、エゴを越えた「上位の意識」「全体性」があるんだ、ということをまず信じる必要があります。

 

エゴで全体性をきちんとわかるものではありませんが、それでも因果応報を使い全体性を無意識から浮かび上がらせて視野に入れる(具現化、意識化)ことにより、それを使えるようにしていきます。

 

 

 

なぜ「全体性があるんだ」と信じる必要があるかというと、陰に隠れているもの、視野に入らないものは使ったりコントロールすることができないからです。

 

エゴが好き勝手やるのも、無意識という陰に隠れているからできることなのです。

 

ですから、「全体性がある」とつよく思い意識化し、それを使えるようにしてエゴを薄くしていきます。

 

 

 

そうした方向性をだして取り組んだときに初めてエゴはきちんと薄まっていきます。

 

いろいろな説明をこれまでもしてきていますが、全体性を踏まえないで言葉だけ見ても、これまでの歪みの多い世界の物の見方になってしまいます。

 

新たな方向性を打ち出していますので、これまで書き連ねてきた私のブログの内容のつながりを通して考えるようにしてみてください。

 

 

 

前も書きましたが、エゴでやっていることですので、間違いや言葉が足りないこともありますが、つながりをおろそかにしては見えてくることはありませんのでご注意いただければと思います。

 

 

 

「全体性を使う」というのは、気づきやインスピレーションとよばれるものを使うということです。

 

方向性を全体性に向けないまま得られる気づきやインスピレーションは、全体性以外のものはエゴに方向性を向けることになりますので、因果応報の結果として「歪みがより少ない」とはいえず、これが取って代わられると表現したものになります。

 

全体性に向けた取り組みの結果として受け取ったインスピレーションであっても、不完全な私たちはそのすべてをキャッチできませんし、見えない世界が主体ではなく肉体をもって生きている私たちがあくまで主体ですから、その肉体でやるべきことをちゃんと残す意味でも答えがそのまま来ているわけではないのです。

 

 

 

そうして受け取ったものは断片的なヒントや一部というフォローですから、成長を遂げるためにはエゴ主体で経験や学びを通してそれをつなぎ合わせて答えを導く必要があります。

 

全体性は変化し続けることで完璧であろうとしているとしたならば、私たちは変化や動くことによってその一部として働けることになります。

 

肉体をもって動けるということは、動く必要があるからそうなっていると考えればいいのです。

 

 

 

やることをやらなければ結果はでませんので、全体性に方向性を向けて行動に移していくことが、本来の人の生きる基本的な姿勢として求められているのだと思います。

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 8
  • #1

    papas (金曜日, 21 10月 2016 23:05)

    こんにちは、毎度成長の助けになる記事を
    ありがとうございます。
    本日のBBSの更新でとても有難い逆誕生日プレゼントを頂いた気分でしたが、だいさんからも頂いてしまいました。
    ここ最近、何か手応えのようなものを余り感じていなかったのですが欲望、願望を薄めようとするという方向性がすっかり抜け落ちていました。しっかりと方向性を定めてやることをやっていなかったわけです。

    欲望、願望を薄めるというのは大きな方向性以外の興味を薄めることで大きな方向性へ純化させるというイメージがあります。

    記事を読んでいてこれ程の恩恵を持つ全体性に意識を向けながら全体性に対して特別視を持たないようにするのは難しいなあと思考停止しながらぼんやりと思っていたのですが、全体性が何かと考えると特別視も何も全体性は一つであるということは
    全体性は私であるということじゃあないか。と気付き「神」と「私」と区別していたわけでした。

    最近は空を見上げても何故かお月様が見当たらず物寂しく感じていますが頑張ります。(視界にないだけですね)

  • #2

    だい (土曜日, 22 10月 2016 23:33)

    papasさん

    ご自身で気づいて変えていけるようになることはとても大事なことです。
    気づくことが以前より定まってきてはいますが、まだあやふやな点も見られますので、エゴのチェックを地道にご自身でやってみて下さい。

    特別を減らし平等に考えるようにしていくことは、自他の境目を薄くして自分を広げ風通しをよくすることでもあります。
    エネルギーをためるわけではありませんが、扱えるエネルギー量が増えることになり、同じことをやったときに以前より楽にできるようになる、生きやすくなる、そうしたことを感じることはあるかもしれませんね。

    なぜ月を見かけないことにさみしさを感じるのか、それも一つ考えるポイントです。
    がんばってください。

  • #3

    だい (土曜日, 22 10月 2016)

    『欲望、願望を薄めるというのは大きな方向性以外の興味を薄めることで大きな方向性へ純化させるというイメージがあります。』

    ここはおそらく気づかないと思うので、簡単に。

    順序が逆です。

    大きな方向性がキチンと出せたなら一番大事なものがわかるようになり、それ以外への興味が結果として「薄まる」のです。
    「薄める」はけっこう大変なことですよ。

    方向性が大事、という意味を改めてお考えください。
    つもり、で終わらせていることがこういうところに表れてきます。

    また、欲望や願望自体を否定的に見る必要があるのでしょうか。
    これもお考え下さい。

  • #4

    だい (日曜日, 23 10月 2016 07:49)

    papasさん

    ブログ「普通になっていく」のコメント欄、midoriさんの取り組みの経過がいいタイミングで書き込まれました。
    方向性をだすことで薄まるということがわかりやすいと思います。

  • #5

    papas (日曜日, 23 10月 2016 15:30)

    ご返信のほどありがとうございました。
    前回のコメント後に特別視を
    上だけのものに対して見ていたことに
    気付きまして、お陰さまで特別視だらけである現状が分かりました。否定的に見ることも特別視でした。

    素の自分に普段からいられる、自分がある状態を保ち続けられているかということを良く意識していきます。

    大きな方向性に対して精一杯取り組むことでただより重要だと感じていることを優先する形で、ただ良いも悪くもなく必要となくなったものの興味が薄まるのでしょうか。願望、欲望というのは原動力(エネルギー?)に利用できそうです

    メモ
    月が寂しくない、月から離れる、月離れ。
    月離れ...親離れ?
    親から離れられる状態、親が必要ではなくなる、親がいなくとも大丈夫である状態、自分でどうにかできる(自信がある)。
    月が無くても問題ない
    親(月)がいなければ寂しい、不安である。拠り所を必要とする、自分でどうにかできる自信がない。

  • #6

    だい (月曜日, 24 10月 2016 19:24)

    papasさん

    「方向性」は「自分が大事に思っていること」です。

    大事だと思うことに取り組めば真剣にやりますし、一生懸命になります。
    好きなことに取り組むことも同じで、「夢中になってやっていると損得勘定が働きづらい」というお話をしたことがあったかもしれませんが、エゴが働きにくくなります。
    エゴが働きにくいということは、特別視もその時は働きにくいということです。

    全体性を損なう歪んだエゴでなければ問題ないのであれば、欲望や願望が働いて好きなことを一生懸命やることは、全体性を損なわない程度に歪みが少ないものであれば否定的に見る必要がないことになります。
    エゴは残ります。
    残るのであれば無くすことはできません。

    意識レベルを上げるにはそれをすべて無くさなくてはいけない、という考え方がまず思い込みです。
    その思い込みを無理のない考え方に変えていくことが、エゴを薄くする、エゴをコントロールする、自分に向き合う、意識レベルを上げていく、普通になっていく、ということになります。
    エゴは不完全ゆえよりよくなれるし、思いで運命をつくる力も持っているのですから、よりよくなりたいという思い、願望、欲望は以前も書きましたが意欲というエネルギーになります。

    改めてブログを読み返していただけるといいかもしれませんね。
    私も何度も何度も同じことを繰り返し行ったり来たりしながら少しずつわかるようになりました。
    今の取り組みの積み重ねが新たな理解の深まりにつながります。

    がんばってください。

  • #7

    RS (月曜日, 24 10月 2016 21:25)

    だい様

    先日は施術ありがとうございました。

    実は1週間ほど前から日常生活でストレスが溜まっていて、「いい加減、環境を変えたいっ」という願望がマックスに達していました。

    今回だいさんとの会話を通して、「今の自分に退屈している自分」を認識できました。お陰さまでホームポジションに復帰できたような気がします。

    帰って自分なりに考えてみましたが、日常に「退屈」しているということは、何かしら潜在意識に「不満」を抱えているということなんですよね、当たり前ですが(笑)。

    そんな状態から生じた「願い」の中身は、どんなに具体的で理路整然とした言葉で語られていたとしても、その本性は単なる「不満の解消」。それを神に期待していたわけです。私は、まだまだ柱を支える土台部分が柔いようです(笑)

    夏至以降、次第に不安感や恐怖心にエネルギーを割くことが馬鹿馬鹿しく感じるようになり、陰始に対しても「お気の毒さま~」というくらいの感情しか沸かなくなりました。

    しかしその一方で「これから本当にやりたいこと」が明確に思い浮かばず、梅雨のような気分が続いていたんです。

    やはり、集合魂(上位の自己)と小魂(エゴの私)の間のパイプの目詰まりともいえる「カルマ」を解消しないことには、集合魂の「意図」と小魂の「意志」を響きあわせるのはむつかしい、と思いました。

    冬至に向けては、世界平和のお祈りでパイプ掃除、を頑張ります。いい目標ができました。ありがとうございました。

    取り急ぎ御礼まで。











  • #8

    だい (火曜日, 01 11月 2016 14:24)

    RSさん

    いつも丁寧な経過報告等いただきありがとうございます。
    今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。