天命についての気づき

 

16日のことですが、あることをきっかけにして、自身の天命の意味がわかりました。

 

そして、感じたことが、

 

「今まで生きてきてよかった」

 

「自分は今まで自分のために生きてきた」

 

「幸せになるために生きていたんだ」

 

ということです。

 

 

 

天命の意味を私はそれまで勘違いしていて、使命のようなものと捉えていました。

 

しかし、今回の気づきでわかったことは、天命とは自分の思いであり、生きる目的はそれを果たすことに他ならなかったということです。

 

 

 

因果応報は思いで運命をつくる仕組みです。

 

思い通りに生きられたら幸せだと私は思っています。

 

自らの天命の意味が分かった時に感じた幸せな気持ちは、思い通りに生きられた、と素直に思えたからでした。

 

 

 

私たちが生きる目的は、幸せになることです。

 

思うように生きられた時に幸せなのです。

 

自らの思いを果たすため、幸せになるため、私たちは生まれてきました。

 

全てを忘れたところから始まり、自らの思いを探して、それを見つけて、その思いを果たし、幸せを感じる。

 

それが天命を果たすことです。

 

 

 

そのために必要な方法をこれまでブログに書いてきましたし、これからもそれを伝えていきます。

 

全体性、方向性、因果応報、エゴ、など、そうしたことを使ってお伝えしています。

 

指導という形でいらしてくださった方たちにお伝えすることが、私の役目でもあります。

 

まだエゴ主体で生きているので、至らない点もございますが、これまで書いてきた方向性で生きていきたい方は是非いらしてください。

 

施術を受けにいらしてください。

 

お手伝いさせていただきます。

 

 

 

ここまで書いたものを読み返してみて思いますが、私はやっぱり白ですね。

 

黒で書くのは苦手です。

 

黒で書くと、それを読んだ方の中で嫌悪感が出る方もいると思うと、やはり黒で書くにはもう少し自身のレベルをあげないと、と思います。

 

 

 

誤解している方が相当数いらっしゃるようなので一応書いておきますが、黒だから間違っている、歪んでいる、ととっさに判断している方は思い込みがあることに気づいてください。

 

方向性をどう出しているかによりますが、意識を上げるなかで問題になるのは、白か黒かではありません。

 

歪みを生むか生まないかです。

 

 

 

黒を見て「悪」「歪み」「間違っている」と判断した瞬間、白の人はそれ以上考えようとしなくなります。

 

エゴが自らに目を向けなくさせているのです。

 

人のせいにする時点で、なにか自分自身に課題が隠れていると考えるといいですよ。

 

 

 

方向性という言葉の意味をよく考えて、本当によく考えて、考えすぎるくらい考えて、人のコメント等見ながら今後の御自身の方向性を決めていただく時期かと思います。

 

がんばってください。