最後の一片

先ほどですが、これまでお伝えしてきたお話の最後の一片を教えていただくことができました。

 

「完成」と一言私の神様からもあり、今日はこれから妻を相手にその理解に努めることになります。

 

聞いて「ああ、そうか」と納得できましたが、「これが答えだよ」と言われないと分からなかったです。

これまでの理屈が入っている方ほど、深く納得できるお話です。

 

今はいらしていただくことにも意味がありますので、まずはいらしてくださった方に分かりやすくお伝えできるよう努めます。

 

 

このことを皆さんにお伝えできる私は、とても幸せです。

 

ありがとうございます。

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 8
  • #1

    神田 征二朗 (火曜日, 27 12月 2016 02:03)

    だいさん、おめでとうございます!
    なんだかとっても嬉しいです!笑
    兎にも角にもおめでとうございます!
    年内にお会いできますこと、楽しみにしております〜^^

  • #2

    えつこ (火曜日, 27 12月 2016 10:35)

    ものすごいタイミングで、明日お会いできる事に感謝しております。
    しかも、夜の予定が無くなり気忙しさから解放されたところでした。

    このところ夫に八つ当たりしている自分に あぁ全くできていない、ともやもやなのですが、できる事をやってお伺い致しますm(_ _)m

  • #3

    maxmona (火曜日, 27 12月 2016 12:30)

    良かったですね。スッキリされた感じが伝わってきます。
    今年はもう無理なので、来年お伺いします。
    宜しくお願いいたします。

  • #4

    だい (火曜日, 27 12月 2016 22:40)

    神田さん

    今回お伝えできる内容は比較的神田さんには受け入れやすい内容だと思います。
    これまでお伝えしてきたことがベースとなるため、その辺りの事をお話ししたいと思います。
    ご来院を心よりお待ちいたしております。

  • #5

    だい (火曜日, 27 12月 2016 22:42)

    えつこさん

    書いていただいたコメントを含め、明日お話しできる内容はとてもいいタイミングだと思います。
    ご来院を楽しみにしております。

  • #6

    だい (火曜日, 27 12月 2016 22:45)

    maxmona さん

    ありがとうございます。
    最近、展開の目まぐるしさはありましたが、ここまで教えていただけると、責任をもって皆さんにお伝えしていきたいと思えます。
    またのご来院を心よりお待ちいたしております。

  • #7

    RS (火曜日, 27 12月 2016 23:21)

    だいさん

    先日はお世話になりました。ついつい会話が盛り上がって、施術時間が押し気味になり、すみませんでした(笑)

    さて、そこでも少し話題に上りましたが、最近の宇宙全史BBSで繰り広げられた、ひろかねさんと虚空蔵55さんの苛烈な問答について、その後、自分なりに考えを整理していました。

    で、結論ですが、白と黒なんてつくづく幻想だなあと・・・。

    人間は「赤橙黄緑青藍紫」の可視光線で出来た世界しか見ておらず、そもそも、本当の「白」と「黒」を見た人などこの世にいないはずなのに、なぜか物事には白と黒があるという「常識」がまかり通っているのは一体どうしてなんだろうと。。。

    そんなことを考えていました。

    絵の具の「黒」にしたって、目に見える以上は何かしら光を反射しているのでしょうし、光が一切ないという意味での「本当の黒」なんかじゃないと思います。

    もしかして、私たちは、大本の「白光」から最も遠く離れた状態の「白」のことを、便宜的に「黒」として用いているに過ぎないのかもしれませんね。

    というわけで、これからは、何かを「黒」と感じたら、その黒は、白光を最も内部に吸収した状態、と認識してみようかな、と。

    むしろどうしてそれを黒と感じてしまうのか、その理由を考えるようにしたいと思います。

    自分の心は、一体どこまでを白と感じ、どこからを黒と感じているのか?

    その「境目」に対してもっと意識的になろうと思います。

    来年こそは「幸せも不幸もすべて自分で決めていく」元年にしたいですから。

    というわけで、今年も一年間、ありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

    次回、最後の一片のお話を拝聴できること楽しみにしております。

  • #8

    だい (水曜日, 28 12月 2016 23:36)

    RSさん

    いつもコメントをいただきありがとうございます。
    今年も残りわずかとなりました。

    先日もいろいろとお話しをさせていただきましたが、白と黒に関してはまだ整理している最中ですので、私も考えているところです。

    宇宙全史1巻のP.471にあるように、白も黒も上位の意識の世界があります。
    黒を悪と捉えるのは、幼い白主体で黒を見た時です。
    黒から学べることがあり、それを身につけることで私たちはさらに上を目指すことができます。

    最後の一片と併せてお話しできるかもしれませんね。
    次回のご来院をいまから楽しみにしております。
    こちらこそ、どうもありがとうございました。
    来年もどうぞよろしくお願いいたします。