メモ 素直だから

自らの身に起こることを

「自分のやったことなんだよね」

と素直に認められれば

それだけで歪みは減る

なぜなら

全体性を通して返ってきたものだから



「メモ  愛」と絡めてお考えください。

 



 

コメントをお書きください

コメント: 8
  • #1

    小妹いもこ (土曜日, 21 1月 2017 19:59)

    自分用の飲み物を足りると判断して買わずに帰ったら、お客さんがきて残りを飲まれてしまいました。
    来客があると知らなかったのもあって「計算が狂っちゃったじゃん」とイラッとしたんですが、ふと「でも自分の預かり知らないような流れで現れたことも自分の身に起こったんだから自分のやったこととして受け止めるものだよね」と感じました。
    そんなことがあってブログを読んだので、まだ素直に自分がやったことと認められない自分がいることに気付けました。
    「全体性を通して返ってきたもの」としっかり腑に落ちるまで考えたいと思います。

  • #2

    だい (土曜日, 21 1月 2017 21:59)

    小妹さん

    気付けたことがよかったですね。

    理不尽なことも時に起こるのですが、それに対して達観できるのはある程度の段階にいかないと無理が生じます。

    今回のように腹が立つなら腹を立てて、腹が立つ自分なんだ、ということを素直に認められたら、次は「怒るほどじゃないよね」と考えていけばウソがないですし無理も少ないです。
    自分だけの都合に偏ったり、理不尽な腹の立て方をしないように気をつけて下さい。

    方向性も大事ですし、取り組む姿勢として正直も大事です。

    計算が狂うことはおそらく上位の意識体でもあることだと思います。
    全てを見通せるほど完璧じゃないんですよね、私たちは。

    いい機会なので、腑に落ちるまでできるならがんばってください。

  • #3

    えつこ (月曜日, 23 1月 2017 13:18)

    まさにまさにまさに!!
    私の壁でした。
    小野いもこさんとだいさんの回答をよませていただき、沸き起こった感情の処理について考え方というのか、手掛かりが掴めました。
    分厚いエゴの壁で、感情がトグロを巻いて、その結果を受け止めたいと思います。
    ありがとうございます。

  • #4

    えつこ (月曜日, 23 1月 2017 14:29)

    小妹いもこさんの間違いでした。
    大変失礼致しましたm(_ _)m

  • #5

    小妹いもこ (月曜日, 23 1月 2017 19:41)

    だいさん

    素直に、正直に、嘘をつかない、誤魔化さないで目の前のことに向き合っていきたいと思います。
    ありがとうございます。

    えつこさん

    「小野妹子を略して小妹(おいも)なんだよ」って後付の由来として冗談で言うくらいによく間違えられるので気になさらないで大丈夫ですよ( ´∀`)

  • #6

    だい (月曜日, 23 1月 2017 22:00)

    えつこさん

    お話を聞いてみないとこれを読んだ方にはちょっとわからない内容ですが、なにか気づけたようでなによりです。

    壁を自覚できているということは、取り組み方によって解決法が見えてくるところまで来ているともいえます。

    真剣にやればやったものが返ってくるので、ひとつ頑張りどころですね。

  • #7

    えつこ (火曜日, 24 1月 2017 07:01)

    余りにも個人的な事かな?と自粛してしまったのですが、これではいけませんね。表に出してあげないと(笑)
    エゴの感情が行き場を失い、身体の中で七転八倒の挙句、トグロを巻いて出来たのが、子宮筋腫なんだと認識できました。
    やはり自分で作ってこんなに大きく育てたんだなぁと。
    今まで感情の手放し方が本当に下手過ぎました。
    改めて小妹いもこさん、だいさん、ありがとうございます!!
    そして今まで私の感情の捌け口になってくれていた子宮筋腫を労い、感謝します。

  • #8

    だい (火曜日, 24 1月 2017 09:59)

    えつこさん

    結果がでるまでは、その取り組みが正しかったのかどうかはわかりません。

    それでも、行動に移し続けることでなにかが変わります。

    その「なにか」は動くたびにはっきりしていくので、軌道修正の繰り返しでそのなにかを自分の思うところに近づけていけます。

    なんでもかんでも人に伝えればいいわけではなく、執着が取れてきているため人前で軽やかに語ることができました。

    劣等感や未練、責任転嫁や自己憐憫がつよいと、もっとドロっとした書き方になると思います。

    段階を経て変わっていく過程を垣間見ることができました。

    ありがとうございます。

    感情の手放し方は下手かもしれませんが、感情の出し方は駆け引きなくストレートに出せるのでとても上手だと思います。

    そこは素直ですよ。

    半分できてますから、もう半分ですね。

    その調子でがんばってください。