気づき

『経験した人の言葉には力がある』

 

 

 

明日をも知れぬ毎日を送りながら、なんとか生きながらえたい、大事な人たちを守りたい、助けたい、でも自分がこれまであてにしていたものはほとんど無くなってしまった、心底そう思ったときに絶望してしまう人もいます。

 

 

 

その時にきれいごとで助かるはずがない。

 

 

 

あるものをゆがみがでないように徹底的に使う(考えぬく)ということをしてきた人だけが、瞬時にその人ができること、かすかな可能性であってもそれを見出して話をできるのではないか。

 

 

 

それによって、それを聞いた人は生きる希望を見出せるようになるのではないか。

 

 

 

あるものをゆがめないよう徹底的に使う、ということを自分はまだやっていない。

 

 

 

生きることを真剣に考えるということは、ひとつそういうことだったんだ、と自分の甘さに気づきました。

 

 

 

「だったらやれよ」という声も聞こえてます。

 

 

 

書かずにやればいいことですが、こういう気づきも書いた方がありのままの自分を知ってもらえると思いますし、意識レベルを上げていくのに参考になると思いますので、掲載しておきます。