今やる、ということ

2つ前のブログ「地鳴り、かな?」にコメントをくださった方がいらっしゃいますので、それにいついて少し書きます。

 

 

 

備えというのは確かに大事なこともあります。

 

 

 

ただ、幸せになりたいという方向性を出していて、今やるべきことややれることがあり、それをやることで今幸せになれるのであれば、まずはそれをやったほうがいいと思います。

 

 

 

起こるかどうかわからないものよりも、今このときに自分が後悔なく取り組むことができ、目の前にいる大事な人が笑顔になってくれる方が、実際に行動に移せることですし、今に力を注げることです。

 

 

 

常に今できるよりよい選択はなにか、限られた条件下でできる最良はなにか、それをやっていれば、思いもよらぬことに遭遇したとしても、自分の頭で考えてなんとかできるようになります。

 

 

 

備蓄をしていても離れたところにいて、家が倒壊して手元になければ何の役にもたちません。

 

 

 

いま幸せになれるのならば、いまできることを頑張ってやってはいかがでしょうか。

 

 

 

案外いまに集中できている方ほど、ひどい目にあわないのではないかと思います。

 

 

 

上位意識にしても信じるのはいいのですが、あてにし過ぎて考えなくなってはいけません。

 

 

 

この世界で生きているのは結局私たちですから、時に惑わせて考えさせるようなこともしてくれます。

 

 

自分で本気で考えた分、行動に移した分、それは力になります。

 

 

否定的な考えを減らし、現実生活でできることをやって幸せを増やし、自分の人生をよりよく生きることができるといいですね。

 

 

 

私自身も実践中です。

 

 

 

本日は空きがありますので、花粉症で疲れが抜けない方、決算期でお疲れの方、がんばりすぎて力が抜けない方、ちょっと楽したい方、ご来院お待ちいたしております。

 

 

 

※写真は娘作「自画像」です。

 

今回初めて、お友達の影響で「まつ毛」を描けるようになりました。

 

髪の毛より長いこと、ほっぺの赤丸が目の横にあること、胴体がなく足が丸で顎のあたりに描かれていること、どれも子供らしいです。

 

一生懸命楽しく描けたので、本人は大満足のようでした。