自分の足で

昨日いらしてくださった方が、春から新しい環境で新生活が始まるということで、挨拶も兼ねて施術を受けにいらしてくださいました。

 

 

 

最初にいらしてくださった頃は、それまでの環境から意を決し、新たな方向に向けて一歩を踏み出した直後のことでした。

 

 

 

そこから下積みの期間を経て、いよいよ春から本格的なスタートになります。

 

 

 

人によって取り組みの差は様々ですし、結果がでるのも異なります。

 

 

 

いま取り組んでいることの結果がいつ出るのか、その明確な答えはあまりわかることもありませんので、今やりたいと思っていることができていることの幸せを感じながら、できることを精いっぱいやっていくことが、基本的な生き方だと考えています。

 

 

 

そんな中、節目を迎えて前に進む、気持ちよく臨める、こうしたこ機会にわずかではあっても関わらせていただける今の仕事は、非常にありがたいものだと改めて感じます。

 

 

 

自分が取り組んだ分しか変わらないという考え方には抵抗を感じる方もいるかもしれません。

 

 

 

しかし、気持ちよく新たな環境に身を投じる姿を見ていると、ご自身でやったからに他ならない、行動に移す一歩を踏み出したのはその方自身なんだ、と素直に思えます。

 

 

 

転機を迎えている方が数名いらっしゃいますので、一つの節目の時期かなと思いつつ、気が付けば4月ももうすぐですね。

 

 

 

太陽の影響で磁気嵐などが発生しているようですので、なにかしら影響もあるのかもしれません。

 

 

 

多少体調を崩すようなこともあるかもしれませんが、やるべきことは目の前の事ですし、それぞれの春が気持ちよく迎えられるよう頑張っていただきたいと思います。

 

 

 

先日のブログ「もうじき、春」に、勇治さんが質問としてコメントをくださいました。

 

 

 

勇治さんも自らの意思で一歩を踏み出した方です。

 

 

 

それに対する私の回答も掲載してありますので、よければそちらもご覧ください。

 

 

 

 

 

明日の金曜は、営業時間が変則ですのでご注意ください。

 

 

 

明日31日(金)、明後日4月1日(土)、それぞれまだ空きがございます。

 

 

 

ご予約、お問合せ、お待ちいたしております。

 

 

 

 

  

写真は先日の帰省の際に見つけた、祖母の詩を父が書でかいたものです。

 

 

 

   ねころべば

 

   天と地との

 

   境なく

 

   紋白蝶の

 

   二つ遊べり 

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    RS (土曜日, 01 4月 2017 23:31)

    だいさん

    先日はご施術ありがとうございました。

    個人的に先月は、人生の大きな節目でした。ですが上位意識を信じて目の前に起きることを損得勘定抜きで一つ一つクリアしていったら、あれよあれよと言う間に決着してしまいました。

    ほとんどオートマチックに収まるべきところに物事が収まっていく様は感動的ですらあり、守護霊様、守護神様、五井先生への感謝の気持ちで一杯です。

    もっとも、だいさんによれば、両肩からシューシューと疲労の気が立ち上るほど身体の方は疲れていたようですが(笑)

    しかし、しっかりほぐしていただいたお陰で、今は体がとても軽く、まさにここにあるだいさんのお婆様の詩のような気分です。

    本当にありがとうございました❗

  • #2

    だい (月曜日, 03 4月 2017 19:46)

    RSさん

    こちらこそ、ご来院いただき誠にありがとうございます。

    春到来ですね。
    人により節目を迎えている方もいらっしゃいますが、RSさんの場合は濃いこれまでの半生の集大成だったのかもしれません。

    上位意識を信じる、つながる、こうしたことは私たちが上を目指す際の相当重要な課題です。

    以前の私もそうでしたが、ここをスルーしている方はかなりいらっしゃいます。
    覚醒を目指していると自認している方でも、それ以前のこうしたことをスルーしている方がいます。
    それでどこを目指しているのか、ということになりますので、一つ大事なことを実践できてよかったと思います。

    やることが無いうちは、ゆっくりなさってください。
    お疲れ様でした。

  • #3

    カエル (月曜日, 03 4月 2017 22:41)

    だいさん!ありがとうございます。

    今日が初日でしたが、びっくりするくらい落ち着いていて、たんたんと仕事をこなしました。

    千里の道も一歩からですね。

    だいさんが背中を押してくれたから(二つの意味で)一歩前に出る事ができました。

    だいさん!ありがとうございました。心から感謝いたします。

  • #4

    だい (月曜日, 03 4月 2017 23:39)

    カエルさん

    今日からでしたか、お疲れ様でした。

    いよいよですね。
    順調なスタートが切れたなら、それは自分がやってきたことが返ってきただけです。
    やることをやってきた、ただそれだけ。

    その感謝はご自身にキチンと向け、自信に変えていってください。
    それがこれからの取り組みの力になりますし、自立へと繋がる更なる一歩になります。

    うちにいらっしゃる前、自らの意志で最初の一歩を踏み出してよかったかどうか、それはこれからの取り組みの結果にかかっています。

    頑張ってください。