ある患者さんのメール

これは、いらしてくださっているある患者さんが、やはり当院に来てくださっているご家族にあてたメールです。

 

 

 

日々の取り組みについてお考えいただくのにいいと思い、ご本人に許可をいただき、掲載させていただきました。 

 

 

 

状況などがわかりづらいところもあると思いますが、これまでここで学んできた方は、読み取れる範囲でご自身の取り組みや理解している内容を確認しながら読んでみてください。

 

 

 

 

 

『昨日は、遅くまでお疲れさまでした。

 

 

 

食事中の、会話のうどん屋さんの件が、私の中では、何となくモヤモヤひっかかっていました。なんでまた、今うどん屋さんの話が出て来たのか???

 

 

 

今朝気づいたことがあったのでメールします。

 

 

 

例えば先日のうどん屋さんで、目の前の出来事に対して、行動に表すかは、見た人の自由。

 

 

 

声をかける、間に仲裁に入る、見守っている、見ている、様々な選択肢がある中で、何をどう選択するかは見た人の自由。その選択にいいも悪いもない。

 

 

 

ただどう選択し、反応する、行動に表すかというが方向性を出すということではないかと思います。

 

 

 

私が、言った「大変ですね」という言葉は言い換えると、目の前の出来事、見てました、認識しています、私もわかってますよということを相手に伝える意味合いで発した言葉です。コミュニケーション、挨拶の一環みたいなものだと私はとらえています。

 

 

 

私は、できればお互いが気持ちよく過ごせるようにしたいと思っています。

 

 

 

なので、会社で目の前で咳をしている人がいれは、大丈夫ですか?と声をかけます。

 

 

 

それは、相手の存在を認めてますよ。

 

目の前の状況を見てます。

 

理解していますということを相手に伝えるコミュニケーションだと思っているから。

 

声をかけることによって少なくとも、相手には、今日は体調が悪いんですね。

 

そのことを私は認識していますよ

 

ということが、無反応でいるよりは伝わると思います。

 

 

 

相手がいる場合、自分がいくら相手の事を気遣っていても、そのことを行動で示さなければ相手には伝わらないです。

 

相手との関係性をどうしていきたいと思うかによって、自分の行動が変わって来るでしょうし、それが方向性を出すということかなと思っています。

 

 

 

かけた言葉を相手がどうとらえるかも相手の自由。

 

 

 

大切なのは、自分がどう方向性を出すかだと思います。

 

 

 

「このことについてどう思う?」 

 

と意見を相手に求められた時に、

 

「(相手の)したいようにしていいよ」

 

という回答は、相手の考えを尊重してますとも捉えられますが、

 

「自分で考えて下さい。私は一緒に考えません」

 

と相手と一緒に考えることを拒否しているとも捉えることができると思います。

 

 

 

まだ、私の中できちんと整理できていない部分もあり、伝わるかどうかわかりませんが、現在気づいたことをメールさせてもらいます。

 

 

 

何か事象が起こった時は、課題解決の時だと私は思っています。Aと、口論になったのであれば、そのことについてどう考え、今後に活かしていくか?私も年始にAとけんかした時にいろいろ考えました。自分の課題にいろいろ気づきました。

 

 

 

今回のことからいろんな気付きがあるといいですね。

 

不明点は、大さんに相談してみるといいと思います。』

 

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 6
  • #1

    midori (日曜日, 11 6月 2017 07:18)

    先日伺い、一年前の夏至の後からの私の出した方向性、取り組みはよかったのかな、とひと安心し、よし、これからは夫の両親、次男とより良い関係を築けるよう、具体的に方向性を出そうと意気揚々と家に帰ってきました。

    夫の両親とはさらに心が通じたように行き来が増えています。
    しかし、次男との関係がさらに悪化し、くじけそうになっていました。
    どうしても私の思いが次男を否定する方向に向いているのには気づきましたが、そこからどうしても抜け出せませんでした。
    ずっと大事な時期は続いていますが、今のこの時期は最重要だと思い、なんとか方向性を出したいと途方にくれていたときの、今回の記事でした。

    相手との関係性をどうしていきたいか

    この一行から方向性をもらいました。
    次男を肯定の気持ちで、どうしたいか待つ方向性、聴く方向性。
    何でもやだ、やだ、と意欲が失われている状態でした。
    昨日じっくり話ができ、驚きました。
    私は次男の話の上に先取りで話を被せてしまっていました。
    聞いて!
    と何度も私が説かれる場面があり、本当にごめんなさい、と改めて反省しました。
    次男の嬉しそうな顔。
    それをみる夫もとても嬉しそうでした。
    これを忘れず続けます。
    家族の幸せな顔をみれる私は幸せです。
    方向性を出し、行動し結果が出る。
    結果が出るので、さらに頑張れます。
    家族とのこれからも、これからの私も本当に楽しみです。
    今回のメールありがとうございました。

  • #2

    零一 (日曜日, 11 6月 2017 09:42)

    メールを読ませていただいて、全肯定を目指して否定を減らしていく方向性に沿った取り組みがしっかりできている内容であるように感じました。

    否定を減らしていく方向性を出せば、調和の方向に向かうことが自然のようにも感じました。

    「伝 114」で書かれていた、「お互いさま」にも通じる内容のように感じました。

    参考になる取り組み内容のメールを紹介していただき、有難うございます。

  • #3

    papas (日曜日, 11 6月 2017 22:23)

    こんばんは、
    今回の記事を読ませて頂いて感じたことは、何れだけ自分が考えていたつもりであったのか、ということです。

    ここからは
    そう感じた経緯となるのですが、
    先日大さんの所にお邪魔させて頂いた時に
    自分は何のためにここに来ているのか、という質問に対して説明頂くまで明確に答えられませんでした。

    それはつまり、
    自分が何のために今何をやっていて、
    それを行うとどうなるのか、
    ということを今まで意識して(或いは考えて)こなかったから分からなかった、
    ということだと私は思いました。
    これでは主体性が育つわけありません。

    ですので反省し、
    ここ最近は自分が今何をやっているのか、何故それをやっているのか、
    ということを度々意識していたのですが、今回のこの記事により
    それをどれだけやってこなかったのかを痛感し、同時にそれをやってきた方が具体的にどうやっているのかが知れました。

    (何をやっているのかを意識するということは、何を言ったのかを意識する、ということも勿論入ると思っています。むしろ、「誰が言っているのかではなく、何を言っているのかが大事」であるなら、何を言ったのか、言うのか、はどれだけ大切なことなのだろうかと思います)
    ありがとうございました。

  • #4

    だい (月曜日, 12 6月 2017 22:15)

    midoriさん

    日々方向性をだして取り組んでいると、わかること、わからないこと、できること、できないこと、こうしたことが自覚できるようになります。

    それができて初めて、ありのままの自分がわかるようになるのですが、方向性もださず、やることもやらないと、知識だけ増やして
    「結局あなたはなにをやってきたの?」
    と問われた時に、答えに窮することになるのではないでしょうか。

    今回掲載した「メール内容」をみて、自分に足りないことがすぐにわかり、なおかつ行動にうつせているのであれば、いい取り組みができていると思います。

    その調子で、意欲をもって今を生きてください。

  • #5

    だい (月曜日, 12 6月 2017 22:41)

    零一さん

    私たちは不完全だからこそ、学べるいい面もあるのです。
    不完全だから全部悪いわけがありません。

    midoriさんのコメントもそうでしたが、「よりよく」というのは「今の自分よりも少しでも良くする」という意味ですから、他の方から断片的でも学べる要素を見出そうとする姿勢でもあります。

    方向性をだし、その存在を認めることで、見えてくるものがあります。

    見えるからこそ、判断もできます。

    しかし、存在を認めていないと、無いことにしているのですから、
    「そこから何かを学ぼう」
    ということができません。

    全肯定を目指すからこそ、他者を認めて助け合って生きていくことができるのです。

    大事なことに気づけたのであれば、そうした機会は常にあるものではありませんので、機会を大事に軌道修正していってください。

    皆さん、いつとも知れぬ正念場を迎えるまでに、できることをできるだけやっておかれるといいと思います。

  • #6

    だい (月曜日, 12 6月 2017 23:01)

    papasさん

    気付けたのならチャンスですね。

    「癖」や「つもり」は結構大変です。
    一度気づいても、また気が付いたら繰り返している、なんてことはよくあります。
    折に触れてしつこくチェックするくらいでも、いいと思います。

    活かせる機会を上手に利用してがんばってください。