エゴのよりよい生き方について

 

「完璧な生」は、ベストを尽くすこと、間違えたら修正する生き方。

 

 

 

修正しようとしない生き方は、後悔を残す。

 

 

 

 

 

これまで教えていただいた内容を読み返していて、上記のものはエゴについてシンプルにまとめられていると感じたので掲載しておきます。

 

 

 

 

 

いま少しずつベストを尽くそうと取り組んでいるのですが、これはかなり大変です。

 

 

 

以前よりできるようになってきましたが、やってみて分かるのは、ベターはできても、なかなか「ベストを尽くせた」とは思えないということです。

 

 

 

負荷がかかる、とは、半ば強制的にベストを尽くさざるを得ない状況をつくられることにもなります。

 

 

 

生きることをあきらめない、負荷をうけても歪まないようにする、そのなかで自分で考えてよりよい選択肢を選んでいく。

 

 

 

日頃から心がけていないと、いざという時に言葉を知っていてもまったく話にならない、そういうこともあると思います。

 

 

 

自由があるので強制するようなものではありません。

 

 

 

大事だと思う方は、できるところから取り組んでみてください。

 

 

 

やってみてわからないことは、いらして下さった時におたずねください。

 

 

 

わかる範囲でお答えいたします。

 

 

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    あらかわ (水曜日, 19 7月 2017 00:30)

    自分の苦手な事どんと来いっ!と威勢良く思ってましたが、ちょっとスキ(逃げ腰・あ、やっぱ避けたい)を出すと、面白いほど課題が舞い込んで来ます。自分が元々出したとはいえ返しのスピードが早くてびっくりしてます。

    今日のだいさんの読んで、やはりしっかり向き合って行こうと改めて面白いました。

    苦手・面倒いと思う自分の感情がどころからくるのか良く見つめて、向かってくる機会を大事にしないとですね。
    これまで通りやってたら意識向上しないですね。

  • #2

    だい (水曜日, 19 7月 2017 01:16)

    あらかわさん

    コメントをいただき、ありがとうございます。

    負荷のかかり方や返しの速度は、上位意識が調整してやっていることです。
    あらかわさんが変わり始めたため、この機会を逃さないようにと考えてのことでしょうね。

    読んでくださって、自身の取り組みを意識し直せたのであれば、書いてよかったです。

    現状維持という態度は、今の時期は横這いではなく、下降になります。

    おっしゃるように、これまで通りやっていたのでは、結果の伴う成長は見込めませんし、大変だと思います。

    そこで、上を目指す、よりよく生きる、そう意識できるとちがいますね。

    最終的に「結果がすべて」ということになるとしたら、その結果を気持ちよく認められる自分でありたいですね。

    がんばってください。

  • #3

    あらかわ (水曜日, 19 7月 2017 08:51)

    だいさん
    返信ありがとうございます。

    「負荷のかかり方や返しの速度は、上位意識が調整してやっていることです。
    あなたが変わり始めたため、この機会を逃さないようにと考えてのことでしょうね。」
    そうですか。上位意識が調整してくださっての事なんですね。
    にしても、すぐに来るのでその采配にはビックリしています。
    来週と来月半ばにその機会はきますので、相手(家族・近い将来の家族)との関わりで
    後悔しないように、言葉態度には気をつけてあたります。

    また、「現状維持という態度は、今の時期は横這いではなく、下降になります。」
    現状維持で下降となるならば、後ろ向き・逃げ・無視はもう急降下でしょうか。
    気をつけていないと、いとも簡単に(自ら)下に向かって落ちて行くことになりますね。
    大事なポイントと思います。心します。
    ありがとうございました。