その三

ある時期、いらしてくださった方にだけお話してきたことがあります。

 

 

 

それは、

 

「一(はじめ)に来たら合格」

 

というものです。

 

 

 

昨年の冬至頃、ひろかねさんの文章がBBSに掲載された後、

 

「あの文章を見て、一(はじめ)に来た人は合格」

 

という話が神さまからありました。

 

 

 

期間に関して最初はっきりしませんでしたが、今年の夏至を一つ区切りとして、締め切られています。

 

 

 

試験内容は、

 

「正しいものが正しいとわかるかどうか」

 

 

 

ひろかねさんの文章を見て、嫌悪感や拒否反応が出るようだと、指導を受けている私のところにも来ることはありません。

 

 

 

この地球で進化成長を求めて幾度も転生をしてきた中で、私たちは様々な学びを繰り返してきたはずです。

 

 

 

その学びの集大成として、正しいものが正しい、そう判断できるレベルになっていれば合格ですよ、というのが神さまサイドの見解でした。

 

 

 

しかし、いらした方の中で実際にそこまで明確に「正しい」と確信していらした方は、いらっしゃいませんでした。

 

 

 

「よくわからないけれど、来て話を聞いたら納得」、という方が大半でした。

 

 

 

 

 

今回の宇宙で神さまたちに対して問題になっているのは、エネルギーを増やすことでの進化はしてきたものの、自由を認めることがきちんと指導できてこなかったことで、歪みを多分に増やしてしまったということがあります。

 

 

 

あと、またやり直せばいい、という考え方です。

 

 

 

結果、それぞれに原因があって歪みが増えすぎ、この宇宙がどうにもならなくなってきてしまったわけです。

 

 

 

歪みが増えすぎるとなにが起こるかといえば、正しい進化をしなくなっていくということです。

 

 

 

停滞してしまい、歪んだエネルギーが増え続けてしまっては、これ以上の進化が見込めないため、私たちに対して出された課題も、そこから立て直しができる要素をもっている魂を選び出すことが、目的だったのかもしれません。

 

 

 

何度調べてもなかなか見つからないため引用が雑になりますが、大本神諭の中に「東の一の番頭のところに挨拶いけよ」ということが書かれているのを見つけたことがあります。

 

 

 

これが試験のことを指しており、東京の一(はじめ)の私のところに試験期間にいらした方は、全員ではありませんがそこから一つ縁ができています。

 

 

 

この縁というのが、非公開情報9にあったAさんのお話にでてくる「縁」です。

 

 

 

合格するとどうなるかといえば、この地球に残る可能性が高くなる、というところでしょうか。

 

 

 

その方の段階にもよるので一概にはいえませんが、境涯をあげやすくなる機会に恵まれる、ということになります。

 

 

 

その具体的な機会にたどり着けた方は、やはり全員ではありません。

 

 

 

上記の「縁」とも関係するお話ですので、次回はそのことについて書こうと思います。

 

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 5
  • #1

    アキラ (木曜日, 07 9月 2017 15:20)

    すみません 確認のため質問させてください

    ひろかねさんというのは 宇宙全史右側、2016/12/6 No.3238 の書き込みをされている方でしょうか
    文章を読み返してみると、中々凄い人だなと思いますがこの書き込みは彼の本心ではない、ということでしょうか 
    どう考えても上位の存在のようには感じられませんが、何か重大な思惑があるということでしょうか

    この方の書き込みをあらためて読み返してみて、ブログの内容がとても信じられなくなりました

    何か良くないことがあったのではないかと、正直、心配しています

    なぜひろかねさんはこれほどまでに子供っぽいのでしょうか
    実存以上の存在は皆こんな感じなんでしょうか

  • #2

    アキラ (木曜日, 07 9月 2017 15:23)

    大事な書き込みにもかかわらず不具合により2重投稿になってしまったようです
    大変申し訳ありません

  • #3

    だい (木曜日, 07 9月 2017 23:26)

    アキラさん

    『ひろかねさんというのは 宇宙全史右側、2016/12/6 No.3238 の書き込みをされている方でしょうか』

    そうです。

    ひろかねさんがBBSでご自身で書かれていたように、自分にウソのない生き方をされている方だと私は感じています。
    私はひろかねさん本人ではないので、こういう言い方になりますが、あの内容も本心で書かれたものだと思っています。

    ブログ内でも書きましたが、判断がつかないものを無理に信じてくださいとは言いません。
    BBSで書かれた内容を見て、当惑する方がいることは分かります。
    「そうであってほしくない」、そういう思いがある方に対して、時間をかけてここで回答する余裕が今は正直ありませんので、それで納得がいかないようでしたら直接予約をとっていらしていただけますでしょうか。
    それができなければ、これまで書いてきた内容と、いま書いている一連のシリーズ、それぞれを読んでご自身で判断してください。

    よろしくおねがいいたします。

    二重投稿に関しては、以前から投稿した時だけ生じる不具合のようです。
    ご迷惑をおかけしております。

  • #4

    アキラ (金曜日, 08 9月 2017 07:31)

    ひろかねさんの投稿を3度目読み返して気付きました ”誰が言ってるのではなく何を言っているのかが大切です”というのはもしかしてこの誰かには 虚空蔵55さんも含まれているのではないでしょうか

    ひろかねさんの返信の中で虚空蔵55さんは”神に愛などない”と仰られていますが、私にはこの1点は間違いなく彼のエゴの発言だ、と思いました

    どうやらひろかねさんの書き込みも筋が通っているようです(子供っぽいところは黒混じりだということで納得しています)

    「虚空蔵55さんの投稿には一部エゴの発言が含まれており、何を言っているのかを見極める必要がある」と自分の中で違和感を消化することができた.....のですがこのタイミングで講師欄から名前が消えたことで更に混乱しています

    しかし、【彼の発言を鵜呑みにしない】という、大きな気付きがあったのは事実です ありがとうございます

    私も今大変苦しい状況でカルマが吹き出しています だいさんもどうか堪えてください

    だいさんが幸せでありますように
    だいさんの一家が平和でありますように

    信じていますよ
    お互い頑張りましょう

  • #5

    だい (金曜日, 08 9月 2017 09:15)

    アキラさん

    色々と考えていただけたようで、ありがとうございます。

    「誰が」については、神でもエゴでも子供でも大人でも関係ありません。

    「虚空蔵55さんも含まれるのではないでしょうか」という書き方をされていますが、これはもちろんです。

    アキラさんも気づきかけているようですが、ご自身に虚空蔵さんに対する特別視があったことがこれでわかります。

    特別視を外して、ありのままを見る。

    そうすると、鵜呑みはしなくなりますので、気づくことはさらに増えるはずです。

    エゴの歪みがあるのは当たり前のことですが、それがないかのように見ていたのが以前の私です。

    エゴがあるよ、というだけのことですが、それに気づかないと崇拝してしまって、成長していきません。

    どういう方向性を出しているかによりますが、偏って見るよりはよりありのままで見た方がいいと思いますよ、というお話をいらした方にはしてきました。

    私は不器用でアホな面がありますので、思い込みからよくわからないで書いたり発言したきたことがこれまで何度もあります。

    このように、私はエゴ主体で生きている人間ですし、虚空蔵さんも同様だと思っています。

    エゴをエゴとしてみるのは大変ですが、そこから開けてくる道筋は、自信をもって歩める道筋だとかんじていますので、それをお伝えしたいと思い取り組む毎日です。

    前回のコメントは、いくつかの思い込みを前提に書かれていました。

    その一つ一つを確認して気づけると、自他のエゴにもっと気づけるようになっていきます。

    ひろかねさんに対する考え方も、ご自身が納得できる内容で考えられているようですし、読み込んでいただくと、気づけることはまだまだ山のようにあると思いますよ。

    ここ半年ほど、私がブログ内で時折引用した書き方をしていることがありますが、それはひろかねさんの書き込みからです。

    それに対してこれまで違和感をもたなかったのであれば、「誰が」ではなく「何を」で考えていただくことも、それほど難しくはないかもしれません。

    方向性をはっきりさせる、そういうことが様々な場面で起こっている、ということになると思います。

    大変な時期をお過ごしのようですが、まだこんなものではないとおもいます。

    気持ちをしっかりもって前に進めるよう、がんばってください。

    コメント、ありがとうございました。