BBSのNo.2891について

BBSでの他の方へのご回答でしたが、これまでここで書いてきたことの自分の整理にもなると思いましたので、私なりの解釈を書いてみました。

 

よければ読んでみてください。

 

 

 

2016/7/9 No.2891

 

月読之大神のお言葉です
「まずそれが正しいのか正しくないのかといった知的な判断と言ったらいいのかしら」
「それがあなた達は出来ない状態に初めからいるっていうことを分かっていなければいけないね」


 

これはpapasさんが先日の「ブログよりもコメント欄のコメント欄でわかりやすく書いてくださっていました。

 

エゴでは完ぺきに物事を理解したり判断することはできない、ということをまず自覚していなくてはいけないということ。

 

 

 

「で、それをね、やはり判断するためには自分を見つめなければいけない」
「自己観照という形は取らなきゃいけない」
「それを反省でもなんでもなく、最初に自分が何を思っているかということを自分を誤魔化さずにただ単に認めること」
「そこから始めなければいけないね」
「こういう思いを思っちゃいけない」とか「これはいけないことだ」とか「こういう思いを思う自分は傲慢なんだ」ということよりも先にまず「自分が色んな思いを持っている」ということを認めなきゃいけないよ

 

・自分の行動や言動に考え方などを見つめることで、エゴ(思い込み)が在ると知ること、認めること。

 

良い悪いの判断が働く前段階、そういうものがあるというふうに存在を認めること。

 

 

 

「そこから始まる」
「そこを誤魔化してしまうと全てが曇ってしまって直観知どころじゃなくなってしまうからね」
「カルマを積むことだけでしかないから」
怒りも強欲な思いも、嫉妬も、さもしい思いも、情けない思いもエッチな思いも浮ついた思いも、傲慢、悲観、そうしたものを全部認めたうえで「あ、それが今の自分なんだ」と全部認めたうえで、
「じゃあ何が出来るのか」
という形をとらないと直観知もへったくれもない

 

・エゴの存在を認め、そこに問題点や課題としての歪みをみつける。

 

「誤魔化す」とは、エゴの存在を認めず、自分には問題(歪み)が無いということにすること。

 

 

 

「やっぱり自分の軸というのをキチンと確立すること」

 

・なにを大事にするか、どういう方向性で取り組んでいくのか決めること。

 

素の自分を認めることで歪みも認め、そこからどうやったら良くしていけるのか、少しでも正確に物事が分かるようになるためにはどうしたらいいのか、を考え自分なりの結論を出す(確立する)。

 

それが方向性をだすこと。

 

(インスピレーションや見守ってくださっている存在たちからの助けは「フォロー」であって「肩代わり」ではないので、まず自分から方向性を出さないとフォローを得ることはできない。ああしなさい、こうしなさい、で本人が方向性を出す前に指示してしまうと、主体性を奪ってしまう。)

 

 

 

「それにはまず今の自分の立ち位置をキチンと見定めること」

 

 

 

・エゴ(不完全さ)でエゴ(不完全さ)をキチンと理解することは難しいため、これはけっこう大変なこと。

 

歪んだ考えで歪みを見ても、より歪めてしまうかもしれない。

 

上に書かれていたように、見定めるために「じゃあ何が出来るのか」という発想でものを考える。

 

エゴの歪みを少しでもわかりやすく把握するために、より大きな視点でものを考えるという方法がある。

 

それが全体性をつかって考えること。

 

より歪みの無い状態(全体性)で歪み(エゴ)を見れば、歪み(エゴ)を歪み(エゴ)として認識しやすくなる。

 

「(歪んだ)思いこみ」がある、とわかるため、立ち位置がわかりやすくなる。

 


「そこから始まる」
素の自分というのを認識するということ
お知らせとか何とかそういうものは二の次

 

・ここでいう素の自分とは、「歪んだエゴ(考え方、思いこみ)」も「歪みの無いエゴ」も両方抱えた状態。

 

 

 

「まずそこがキチンと出来ていないから直観知ということを疑うんだよ」
「というか曇っていて分からない」
素の自分が分かっていれば自ずとわかるということ
「(自分を)誤魔化すということは自分の直観知の領域を曇らせていることなのよ」
「自分を認められないということはね」

 

 

 

・曇っているのは思い込みの歪みによるもの。

 

自分の考え方に癖がある、思い込みがある、そう気づいていれば「情報の読み解き方」にも書いたような考え方で誤魔化すことなくエゴを薄くしていけるため、全体性ともつながりやすくなりよりキチンとしたインスピレーションを得やすくなる。

 

自分は歪んだエゴを抱えた状態なんだ、と認められないうちは、そうした曇りが晴れることはない。

 

「誰かのせいにする」ということも、自分の素の状態での歪みを確認しようとしない、ということですから、やはり曇りは晴れないでしょうね。

 

 

 

多少端折ってありますが、以上が私なりの解釈です。

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 8
  • #1

    papas (木曜日, 14 7月 2016 00:07)

    誰かのせいにする、相手のエゴに対しての批難感情(自分の場合はニュースに出てくる人物や国会議員、感謝が足りない人など)についてなのですがここ最近、全て生きやすさの違いと自分の問題なのだなと思います。

    まず自分の問題だと感じた理由は、
    いくら否定的批難的に相手を捉えたところでその相手の今が変わるわけでもなく、断固としてそこにあります。だから悪感情を持つことの意味の無さを思います。

    次に何故それを持つのかと考えてみると相手の自由を認められない勝手に理想を求めていた自分が理想を相手に押し付けようとしたエゴがあるだけでした。

    そしてキーになったのは「悪感情を持つことは生きにくい」ということです。これは単純に誰だってイライラしなくて済むならイライラしたくないよねってことです。

    これを全てに当てはめると
    他人のせいにすることは悪感情を持つことになり、自分の責任だと思うことは納得できるため悪感情を持たずに済みます。

    次に相手に求めることは自分が悪感情を持つことしか生まれません。出来ても当然、出来なかったら悪感情が生まれるだけだからです。では相手に求めることなく相手の姿をこんな一面もあるんだなと認められたらそれで終わりです。私達が不完全であることを知っていたら良い(と思っている)面も悪い(と思っている)面もあることを、いつかは完全になるということを知っていたら過度期的なもの(今だけのもの)であることが分かります。後者は永遠の視点になるのかは分かりませんがそう思うことは心底相手を信じている認めることのように思えます

    次に感謝についてです。
    これも求めることと似ていますが相手に何をしてもらっても当然だと思うことのように思えます
    それはとても生きにくいことではないでしょうか。
    何故なら例を上げると飲食店に行った時に店員からコップに半分水を入れて頂いたとします。ここで当然だと思っているとたった半分しか入れてもらえなかったことに腹が立ち、イライラします。ですが当然だと思っていなかったら入れないという選択肢もあるのに水をいれてくださった有り難い、お陰で水を入れる労力が減った有り難い、水を半分になるほど入れてくださった有り難いになります。更に水を入れて頂けること、コップが置かれてあることを当然に感じていなかったら当然だと思っていないので自分でコップを持ってきてただお水を入れます。そこに悪感情が生まれる余地はありませんし感謝を感じている状態は良い気分のように思えます。
    なので感謝を持てるということは自分にとって有り難いこと、生きやすさに繋がるように思えます。
    以上の点から他人のせいにすること、非難することは生きにくくさせている自分(エゴ)がいるだけ
    他人のせいにする、批難ばっかりする、相手に悪感情を持ってばっかりいる人は生きにくい人がいるだけ、のように最近思います。
    余り他愛にならないかもしれない話を長々と書き綴ってしまい申し訳ありません(でも書き込みます)

  • #2

    papas (木曜日, 14 7月 2016 03:10)

    最後にエゴが強く出てしまいました

    エゴを抑えては駄目、心の底のエゴが納得出来ていないから、抑えるのではなくそれが自分だと認めた上でどうするのか考えよう、それの答えが自分を持つということで(自ずと見えてくる)やるべきことだから
    ということでしょうか

  • #3

    NORI (木曜日, 14 7月 2016 08:31)

    昨日の夜から今日にかけて考え事をして

    うん、やっぱり自由なんだ

    という結論になりました。
    そのおかげか寝てませんが気力は充実しています(笑)

    そして、こちらに誘導(?)されて納得しました。
    papasさんのコメントを含めて、しっかり読み込みたいと思います。

    宇宙全史、こちらのブログ、E先生のところでの有り難みをひしひしと感じました。

  • #4

    だい (木曜日, 14 7月 2016 23:38)

    papasさん

    こちらにコメントを返す前に直接お話をしてしまいましたね。
    ご来院ありがとうございました。

    先ほどお話をしたように、少しずつ自由を認められるようになってきています。
    ともするとストイックになる傾向がありますので、加減を気を付けるいいですよ。

    イライラしても怒ってもいいのですが、大事なのはそこで不幸を願うようなことを行動に移さないことです。

    自分で答えを出せるようになるまで、いまはこの調子でとことん考えて下さい。

  • #5

    だい (木曜日, 14 7月 2016 23:46)

    NORIさん

    NORIさんの場合は自由に生きる、ということを実践の中で学ぼうとされていますので、周りの理解を得る難しさを感じる機会が多いかもしれません。

    そこでいただいたコメントのように、日頃から御自身で納得できるまで考えていると、平常心を保つことがしやすくなります。

    意欲が保てているようなので、きちんと考えられたようですね。

    人とはまた違う道筋を歩まれていますので、周りの方がそれを理解することでその方たちの成長にもつながるはずです。
    その方たちは自分の尺度で正義や常識を盾に裁こうとすることもありますし、自由であろうとすることをひがむかもしれません。
    それでも決意して前に進んでいけるだけのものが見いだせていればいいですね。

    NORIさんもその調子で頑張っていただくといいかと思います。

    ※「E先生」でいいんでしょうか?

  • #6

    NORI (金曜日, 15 7月 2016 03:38)

    だいさん

    私が思っていた疑問がお陰様でわかりました。

    だからこそ、あそこへ勉強しにいっているんですね。
    なかなかの展開をみせているので次回お話します。

    平常心の話でも納得してしまいました。
    だからあのとき疲れなかったんだなと、あのときの感覚を忘れないようにします。

    「E先生」あっています。
    半角のせいで見づらくなっていました。
    すみません。

    やはり自分が人に何かを伝えるなら、押しつけのない相手の意欲がわくような伝え方をしていきたいと思います。
    今回は本当にひしひしと感じ、こちらのブログを読むとホッとして意欲がわきました(笑

  • #7

    T.KOIKE (金曜日, 22 7月 2016 10:36)

    大さんのブログにて時々学ばせて戴いて居ります。

    有り難う御座います。

    この度のブログ、月読之大神のお言葉です。の中に、

    素の自分が分かっていれば自ずとわかるということ、と有りますが

    素の自分とは、個々の解釈の受け止め方によって大きな開きが出てくると思います。

    私は、五井先生の教義「人間と真実の生き方」を理解出来れば、自ずと答えが出て来ると思います。

    勿論、この理解力にも個人差があることも当然のことですが、五井先生も多くの方が理解できる様にお書き下さっております。

    世界平和の祈りを、祈らせて戴く以上はその深遠な意味、そして五井先生の御心をしっかりと受け止めなくてはなりません。

    そこで、五井先生のご著書「神は沈黙していない」の中の一節に

    「さて、この世界平和の祈りの教えの一番急所ともいうべきところは、いつも申しますように、消えてゆく姿で、世界平和の祈りということであります。

    消えてゆく姿で、世界平和の祈り、という中に、自分を赦し、人を赦し、自分を愛し、人を愛し、という、教義の中心的な想念行為が含まれているのです。

    どうしてそういうことになるかと申しますと、消えてゆく姿、という言葉の中には、この世のあらゆる業想念行為、つまり、不幸、悲しみ、恐怖、恨み、妬み、憎悪、不平、不満等々の想いや行為を、人間の真(神)性から出るものではなく、この世の中を、神の子人間が歩みつづけてゆく時に削り取られてゆく、闇の面の消えてゆく姿である、と全否定してゆく、断固たる人間神の子、仏子観が確立されているのです。」

    以上・・・「消えてゆく姿の使い方」 P36から52

    これからの大地球浄化に向かい、私たちは皆神の子で有る意識を高めて参らねば生き残れないのです。

    是非「神は沈黙していない」を購入され祈りを深めて参られます様願って居ります。

    大様のブログをお借りして五井先生のご著書のPRをしてしまい申し訳御座いません。

    もし、不都合でしたら遠慮なく削除願います。

  • #8

    だい (日曜日, 24 7月 2016 00:41)

    T.KOIKEさん

    コメントをいただきありがとうございます。

    T.KOIKEさんは、五井先生がとてもお好きなんですね。
    私は残念ながら五井先生に直接お会いしたことがありませんしお勧めいただいたご著書も読んだことはありませんが、ありがたいことに書籍や映像を通して知ることができています。
    本格的に知るようになったのは宇宙全史を通してです。

    お店を開業したことがきっかけでいろいろな方たちとのご縁もあり、五井先生ご存命時に青年部にてお仕事をされていた方がいらしてくださってお話を聞かせてくれたこともありました。
    映像に映っている姿はほんの一部だと感じざるを得ないような内容もお聞きし、その壮絶な生きざまはやはりどこか頭の中に残っていて、身を正す機会も少なくありません。
    息子からも、息子が生まれる前に五井先生とお話をしてきたことを聞かされた身ですので、やはり気にはなりますしお祈りは大事に続けさせていただいています。

    お祈りについてはブログ「タイタンさんへのコメント」にも書きましたが、私は「真似る」ということを通して深める一つの方法を選んでいます。
    優れた方たちのおっしゃることというのは、段階の違いはあっても同じ道筋を現してくださっていると思いますので、それぞれの段階で必要なことを必要な方から学ばせていただくこともいいと思います。
    私にとっては五井先生もそうした優れた方のお一人で、五井先生のお祈りを理解するためには境涯を上げる必要がありますので、そのために書籍は何冊読んだか忘れましたが読みましたし、今に至って他にも優れた方の優れた面を学ばせていただくことも無駄ではないと思っています。

    最近自分のコメントの整理がついておりませんのでどこに書いたか忘れてしまいましたが、全体性ということについて私は重きを置いて考えており、その全体性の働き、方向性として「完璧を目指し変化する」ということを書いたと思います。
    そうした時に「いいものはいい」でいいのですが、変化が主となる中で固定化しすぎると執着に変わるという見方もできるため、私の今の段階ではエゴを増やさないことが大事と考え執着に変わらないよう心がけている段階です。

    T.KOIKEさんのコメントを読ませていただくと、非常にまじめな方という印象があるのですが、一方で固い、という印象も受けます。
    いまこのように時間が差し迫った状況で「祈りを深めること」をお勧めいただいていますので多少お分かりいただけるかと思いますが、深めなくてはいけない理由がはっきりわかったため、わたし自身は今回のような考え方にいたっております。

    ご覧のみなさんにここに書き込む際に改めてお願いしたいのですが、御自身やみなさんの学びになることが前提でこちらのコメント欄は開放しているつもりですので、せっかくの機会ですから等身大の自分のご意見を心がけていただけますでしょうか。

    『この度のブログ、月読之大神のお言葉です。の中に、
    素の自分が分かっていれば自ずとわかるということ、と有りますが
    素の自分とは、個々の解釈の受け止め方によって大きな開きが出てくると思います。
    私は、五井先生の教義「人間と真実の生き方」を理解出来れば、自ずと答えが出て来ると思います。』

    今回のタイタンさんとのコメントのやり取りを見ていただいたらわかるかもしれませんが、素の自分が分かるのはとっても大変なんですよね・・・(笑)
    自ずと答えが出るそうなので、興味のある方はご一読ください。
    私も機会があれば読ませていただきます。